活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100

2020年09月02日
ノウハウ本 0

圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100
満足度★★★ 
付箋数:22 
posted with ヨメレバ
かつて「カツマー」と呼ばれる強力な
ファン層を率いていた勝間和代さん。

多くのアンチもいましたが、当時は
尖っていたので、カリスマ性もあった
ように思います。

いろんなことに手を出した結果、
勝間さんは、単なるライフハッカーに
なってしまったのでしょうか。

久しぶりに勝間さんの本を読みましたが、
どこか小さくまとまってしまった
感じがします。

 「働き方や暮らし方を変えれば、
 価値観も変わります。ビフォーコロナ
 の時代は、どのくらいお金を儲ける
 ことができるか、ということに価値が
 置かれていましたが、これからの
 アフターコロナの時代は、自分と
 自分の生活を大事にしながら働ける
 スローライフなスタイルをどのくらい
 築けるか、ということが価値になる
 と思います。」

本書は、人生の幸福度を上げて、
自由な未来を手に入れるためのヒント
が紹介されたライフハック集。

あくまでライフハックなので、
1つ1つが、人生を激変させるような
大きな変化は期待できません。

1つ取り入れると、0.1%改善される。

それをいくつも積み重ねて、
少しずつストレスフリーな生き方を
手に入れるイメージです。

100個のライフハックが紹介されて
いますが、違和感があるものは
ありませんでした。

本書で私が注目したのは、
スマホに関してのハックです。

まず、To Doリストや目標設定に
「Google Keep」を推していたこと。

勝間さんは、かつてはメモアプリの
Evernoteを使っていたようですが、
使い勝手から現在はGoogle Keepに
切り替えたようです。

To Doリストとしてだけでなく、
「面白いことをリスト化」する
目的でも使うとイイようです。

また、スマホはiPhoneではなく、
Androidが推奨されていました。

音声アシスタンスや電池の持ちなど、
Androidの良さを知って、勝間さんは
iPhoneから切り替えました。

更に、スマホは格安SIMへ移行。

 「格安だから経済的に余裕がない
 人が多いのかと思いきや、実は逆です。
 高所得者ほど、格安SIMへの移行割合
 が高いことが調査でわかっています。」

なぜ、高所得者層が格安SIMを使って
いるかの理由が2つ挙げられています。

1つ目は、格安SIMは端末を一括購入
する必要があるため。

2つ目は、ITリテラシーが高い人が
高所得者に多いため。

勝間さんは、格安SIMへ移行しないのは
「もったいない」とも述べています。

これらのスマホのライフハックは
私もやっていることだったので、
逆に何で多くの人がそうしないかが
不思議なことでした。

しかし、勝間さんの解説で、
どうして日本では圧倒的に多くの人が
iPhoneを使い続けているのかが、
なんとなくわかりました。

以下、その他の気になったハックです。

・「時間割引率」を下げて、
 幸福度を上げる

・単語数を7000語に増やして、
 英語力をつける

・フライパンと鍋を捨てて、
 ヘルシオとホットクックを使う

・白米の悪影響を知り、
 白米フリーになる

この本から何を活かすか?

勝間さんは、ミネラルウォーター
より水道水を飲んでいるようです。

その理由を3つ挙げています。

1つ目は、日本の水道水の方が、
ミネラルウォーターよりも多くの
安全基準をクリアしていること。

2つ目は、水道水の方が、サーバーや
ペットボトルを置くスペースが
必要ないということ。

3つ目は、圧倒的に水道水の方が
コストが安いこと。

こうした分析をした上で水道水を
使っているのは、流石だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません