活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

仕事に「好き」を、混ぜていく。 あなたのB面を本業に生かすヒント

2020年07月27日
組織・社内教育・コーチング 0

仕事に「好き」を、混ぜていく。 あなたのB面を本業に生かすヒント
満足度★★★ 
付箋数:24 
posted with ヨメレバ
広告会社の電通には「電通Bチーム」
という特殊部隊が存在します。

一体どんなチームなのでしょうか?

本書では、以下のように説明されて
います。

 ・本業(A面)以外、個人的側面
 (B面=私的活動、すごい趣味、前職、
 大学の特殊な専攻etc.)を持っている
 社員の集まり

 ・メンバーの多彩な特技と情報収集能力
 を最大限活用し、世の中に今までと
 違う方法(=プランB、オルタナティブ
 アプローチ)を提供する

メンバーの得意なこと、好きなことを、
本業=A面に組み合わせて、これから
世の中に必要だと思う、価値や意味の
あることを、社会や企業に提供する
チームです。

現在、電通Bチームのメンバーは56人。

本書は、その57人目になる疑似体験が
できる本です。

 「好きを仕事に混ぜることは、自分の
 ためだけではない。仕事に混ぜる、
 イコール、誰かの役に立つという
 ことだ。誰かも助かる、自分も嬉しい。
 超一石二鳥。より大きく言えば、
 天から与えられた自分の才能や趣味を
 世の中のために生かして、社会を
 より良く変えていく。せっかくだから
 それくらいの構えのプロジェクトに
 したい。」

まずは、自分のB面を見つけること。

「私のB面はですね」とすぐに、
言える方は、そのB面でOKです。

「えー、無理!」と思った方は、
次の5つのパターンからB面を決めると
いいようです。

「私的活動タイプ」「趣味タイプ」
「前職タイプ」「学校の専攻タイプ」
「バックグラウンドタイプ」

例えば、バックグラウンドには、
「出身地」なんかもB面にできます。

自分のB面が決まったら、ゆるく
楽しみながら、それを育てていきます。

好きの力に身を任せて、見る、行く、
買う、食べる、集める、調べるなどの
何か行動を自然と起こします。

とは言え、B面を育てるための
「時間」の確保は必死でしなければ
なりません。

そして、チームを作って活動する。

このとき、大切にしていることが、
3つあります。

1つ目は、「好奇心第一」であること。

好奇心は、人間のあやゆる活動の
エンジンとなります。

好きでやっているからモチベーション
も違い、集まる情報の質も違ってきます。

2つ目は、「パーソナルなこと」を
大切にしていること。

一個人として、今自分が本当に思う
ことや感じることを、みんなで大事に
していきます。

3つ目は、「自分たちのデザイン」を
ビションとしていること。

これは自分たちが生きるこの社会を
よりよくデザインすることです。

そのため、世の中のためになる
概念以外は提唱しないようです。

また、チームを作って活動するまで
には、次の5つのステップがあります。

 1. メンバーを集める
 2. 個人でリサーチする
 3. 情報を共有する
 4. コンセプトやプロジェクトを作る
 5. 受注や相談に応える

このステップに沿っていくと、
あなたの会社や組織にもBチームが
作れるかもしれません。

本書は、新しい働き方を提案
してくれる本です。

あなたが、今の仕事を続けながら、
オフィスに縛られない働き方が
できるようになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

Bチームはプロジェクトの依頼を
受けても、「プレゼン」しません。

その方が、クライアントも含めて、
全員で一緒に考えるチームになるから。

クライアントもチームも、プロジェクト
に絡む全員で共創していくために、
あえてプレゼンしないやり方を
採用しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません