活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略

2020年05月01日
目標達成本 0

FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略

満足度★★★
付箋数:24

あなたが自分で立てた目標を
達成できない原因は何でしょうか?

例えば、ダイエットの目標を立てた
とします。

目的達成のために食事制限や、
運動をしようとしても、
途中で挫折してしまう人が多い。

ダイエット前よりも、逆に体重が
増えてしまう人もいます。

「お菓子がやめられなかった」
「どうしても炭水化物を食べ過ぎる」
「運動は3日しか続かなかった」

ダイエットに失敗する理由は、
いろいろあります。

こんなとき私たちは、自分の意思の
弱さを責めてしまいます。

しかし、本書の著者、ベンジャミン・
ハーディさんは、そもそも意志力など
全く役に立たないと言います。

では、目標を達成するために
必要な要因は何なのでしょうか?

  「変わろうとして歯を食いしばり
  ながら努力しても、効果など
  ありはしない。
  これまでだってなかったはずだ。
  代わりに必要なのは、環境を自分で
  作り出し、それをコントロール
  する力だ。」

つまり、目標を達成するために
必要なのは、意志力ではなく環境。

単に目標を達成できるかどうか
という問題だけでなく、私たちの
能力や人生さえも、「どこにいるか」
で決まります。

  「自己啓発でよくみられる解決法
  ―意志力を使うことや自分の態度
  を変えること。ネガティブで苦しい
  環境に対峙する場合が多い―
  とは異なり、目的を持って環境を
  形作れば、飛躍的かつ劇的な変化
  を遂げることができる。
  自分が環境を選べば、これまで
  自分がやってきたことの10倍、
  いや100倍の力を要するような
  状況へと自分を積極的に導く
  ことができる。」

私たちは、自分でもほぼ気づかない
うちに、環境に適応してしまうもの。

極端な例では、強制収容所さえ、
長くいると慣れてしまう。

それだけ大きな影響がある環境
ですが、私たちは環境を自ら選び、
コントロールすることが可能です。

本書は、なぜ環境が人を形作るかを
説明し、目的に向けた環境作りの
方法を伝える本です。

重要なのは、環境の初期設定に
流されてしまわないこと。

私たちの日常生活には、目標を達成
するためには、「有害なデフォルト」
が溢れています。

本書では、それを打開するために
4つの原則を紹介しています。

 原則1 : 「ガジェット」と距離をとる
  ―1日85回以上スマホを見るハメに

 原則2 : 仕事から「完全に離れる」
  時間が必要―絶対に

 原則3 : 「奴隷」をやめる―
  「コーヒー」すら奴隷の結果かも
  しれない

 原則4 : 結局、人間関係
  ―1番ものをいうのはここ

本書の最後は、ハーディさんからの
読者へ向けた強いメッセージで
締めくくられています。

  「環境を変えると、あなたも変わる。
  しかしその環境は “あなた自身” が
  選ばなくてはいけない。誰かが
  あなたのために環境を変えてくれた
  のであれば、長期的にそこに適応
  できる可能性は低い。あなたは
  環境の産物だが、その環境はあなた
  自身が積極的に下した決意でないと
  いけない。」

この本から何を活かすか?

本書では、能力の底上げが不可避な
状況で、あえて仕事をする例が
紹介されていました。

例えば、ノートパソコンのバッテリー
を持たずに、カフェで仕事をする。

数時間で作業を終わらせなければ
バッテリーが切れてしまう状況だと、
集中できて、生産は一気に上ります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません