活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

短期間で“よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

2020年04月16日
ノウハウ本 0

短期間で“よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

満足度★★★
付箋数:24

  「Youtubeやニコニコ動画の放送を
  始めてから、習慣についてはいくど
  となく取り上げてきましたが、
  本書はそれらの集大成となります。
  このあと新しい研究結果が出てこない
  限り、本書があれば、習慣化に
  ついては少なくともあと5年くらいは
  ほかの本はいらないのではないかと
  自負しています。」

このように語るのは、メンタリストと
しても、YouTuberとしても大活躍する
DaiGoさん。

ここ7年ぐらいはビジネス書も量産し、
ビジネスの領域でもDaiGoブランドを
作り上げ、大成功しています。

なぜ、DaiGoさんは成功できたのか?

それは「習慣化」の力によるところが
大きいでしょう。

習慣化することで、自分にはできないと
諦めていたことでも、実現可能になります。

それだけ習慣化は、私たちの想像を
超える、偉大なパワーを持っています。

  「実は、毎日の行動の中で、意志の力
  で行っていることは自分が思っている
  ほど多くはありません。
  なんと、人生の半分は習慣的な行動
  からできている、という調査があります。
  (中略)習慣をコントロールできる
  ようになれば、人生の半分を自分で
  操れるようになる、ともいえます。」

あなたの習慣はなんですか?
と聞かれると、数個しか思いつかない
のが普通だと思います。

しかし、私たちの習慣の中には、
やっていることさえ全く意識せずに、
反射的に行っている行動がたくさん
あります。

ある調査では、習慣的な行動の中で、
自分で自覚できているのは、わずか40%
しかないという結果が出ています。

逆に言うと、本当に習慣化してしまえば、
その半分以上のことは、苦もなくできる
ようになる、ということです。

それでは、本書から最も効果のあると
される、習慣化のテクニックの1つを
紹介します。

それは「習慣化の帝王」と言われる、
「If then プランニング」。

これは、やるべき行動と、それを行う
条件やタイミングをあらかじめ
決めておくテクニックです。

「○○したら、××する」という
シンプルなルールを決めます。

例えば、「朝8時に起きたら、まず掃除
をする」とか、「外でお昼ご飯を食べる
前にはジムで汗を流す」など。

ルールを作る際に、気をつけるポイント
は3つあります。

1つ目は、「なるべく毎日起こる条件」
を選ぶこと。

2つ目は、できれば「毎日決まった時間」
に行えるようにすること。

3つ目は、「突発的に起きたりすること
ではなく、安定して起こり、同じ場所で
行われる」ことです。

「If then プランニング」をこの3つの
ポイントに沿ってルール化すると、
かなりの効果が期待できるようです。

このテクニックは、行動の改善だけ
でなく、性格やメンタルの改善にも
応用できます。

新しい習慣を作るには、意思の力
ではなく、習慣化のコツが必要です。

本書では40個以上の習慣化のコツが
紹介されていますから、その中から
やりやすいものを選んで試してみる
のがいいでしょう。

この本から何を活かすか?

本書の中で、私が気に入ったのが、
「逆説的介入」というテクニック。

これは、直したい悪い癖があるなら、
あえてそれをやることを義務付ける
というもの。

意図的にやることで、その行動に
自己コントロール感を持たせます。

例えば、お菓子の食べ過ぎを
やめたい場合。

夜7時になったら、必ず5分間、
お菓子を食べることを義務づけます。

ただし、食べすぎないように、
5分間かけてポテトチップス1枚を
ちびちび食べるルールを決める。

私は、ちょうどお菓子の食べ過ぎが
気になっていたので、やってみたと
思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません