活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

Word[最強]時短仕事術 成果を出す! 仕事が速い人のテクニック

2020年04月07日
ノウハウ本 0

Word[最強]時短仕事術 成果を出す! 仕事が速い人のテクニック

満足度★★★
付箋数:24

技術評論社の小竹さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

Microsoft Wordは、予備知識なしで、
誰でもすぐに使える文書作成ソフトです。

しかし、あなたはWordを「効率よく」
使っていると自信を持って言えますか?

「はい」と言える方は、意外と少ない
ように思います。

Excelなら、いろいろなテクニックを
使って、時短を行っている方も多い
でしょう。

それに対して、Wordを使うときは、
あまり考えずに、毎回、ちょっと
イライラしながら使っている方が
多いような気がします。

Wordには様々な「おせっかい」機能が
搭載されています。

それが私たちの欲しいタイミングで、
出るとは限らないで、正直イラつきを
感じることが少なくありません。

本書では、Wordを使う際のイライラを
解消し、効率よく文書作成するための
時短術を紹介します。

著者は、テクニカルライターとして、
パソコンやビジネス系の記事を多数
執筆している高田天彦さんです。

  「文書作成とは、目的でなく、ビジネス
  を完成させる手段の一つに過ぎません。
  より具体的に言い換えれば、ワードの
  豊富な機能をしっかり吟味して完成度の
  高い文書を作り込むより、必要十分な
  文書を最短のプロセスで仕上げて
  次のステップに進むほうが、多くの場合、
  大切なことです。」

本書では、100個近い時短テクニック
が紹介されています。

1つ1つのテクニックの効果は5分程度
ですが、それが何度も出てくると、
無視できない時間になります。

そして、なによりもWordにストレスを
感じなくなり、精神的に気持ちよく
使えるようになるのがいい点です。

また、時短することで文書の精度も
上がることは見逃せません。

  「重要なことは、単に作業時間が短く
  なることだけではありません。
  時短テクニックを使いこなすことは、
  正確な文書を作成するスキルにも
  直結しているということこそ、
  真に重要なのです。」

早い作業と正確性は、両立するのです。

 「文字の位置を思い通りに揃えられ
 ない……」

 「スペースキーを連打して、目的の
 単語を探すのが面倒……」

 「画像を挿入すると、レイアウトが
 崩れてしまう……」

Wordを使うときに、いつもこのように
感じていた方は、本書によって救われる
と思います。

私は、画像挿入のズレ問題が解消した
ことと、初期設定をいくかを行った
だけで、かなり快適に使えるように
なりました。

1つ1つのテクニックは、ネットで
調べても出てくると思います。

しかし、それをいちいち調べるのが
面倒なので、本書のように1冊に
まとまっていると非常に便利です。

目的別に調べられるので、問題解決が
しやすく、使いやすい本になっています。

 第1章 時短の世界へようこそ!
  ミスやイライラを激減させるコツ
 第2章 急がば回れ!
  ワードを使いやすくする基本
 第3章 あとでラクする!
  最終アウトプットに合わせて設定
 第4章 ムダな作業をゼロに!
  文字情報を正確に素早く入力
 第5章 メリハリをつける!
  表とグラフで伝わりやすい文書を作成

この本から何を活かすか?

文書作成における基本的な考え方

 1. 必要以上にこだわらない
 2. マウス中心の操作から脱却する
 3. ケースバイケースで対応する

これらは時短テクニックを使う前に、
念頭に置いておくべき方針です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません