活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要

2020年04月06日
IT・ネット 0

文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要

満足度★★★★
付箋数:25

AIが高度に発達した世の中になると、
今まであった多くの職がなくなると
言われています。

AIでなくなる職種のリストの中に、
今自分がやっている仕事が入って
いた場合はどうしたらいいのか?

定年まであと少しの人は、「逃げ切る」
ことを選択してもいいでしょう。

しかし、そうでない人はどうすべきか?

特に文系の人は、現在進行中のAIの進歩に
困惑しているのではないでしょうか。

座して死を待つしかないのか?
出て活路を見出すことはできるのか?

  「AI社会になって職を失わないだろうか?
  文系がAI人材になるために何から
  すればいいのか?
  そんな不安や疑問を解消するのが本書です。
   “AIはExcelくらい誰もが使うツール” 
  となります。文系・理系を問わず、
  Excelは本当に多くの人が使っている
  表計算ソフトです。少し大げさかも
  しれませんが、そのExcelと同じように、
  AIも多くの人が扱うことのできる
  一般的なツールになりつつあります。」

著者は、ZOZOテクノロジーズ
VP of AI driven businessアラタナ
取締役の野口竜司さんです。

野口さんは、本書で「文系AI人材」に
なる、最適な方法を紹介します。

過去の歴史を振り返ると、産業革命の
ときに、それまであった多くの職が
なくなりました。

しかし、一方で新しく生まれた職も
たくさんありました。

それと同じように、AIによってなくなる
職がある一方、生まれる職もあります。

それを本書では「AI職」と呼びます。

AI職は、人とAIの「共働き」をうまく
コントロールするのが役目です。

その役目を果たすには、AIのことを
よく知って、かつ、あらためて人間が
得意なことと苦手なことをしっかり
把握する必要があります。

では、AI職の中で、文系の方が活躍
できる領域はあるのでしょうか?

理系のAI人材の仕事は、主にAIを作り、
本番稼働のAIシステムを構築し、
そのシステムの運用管理をすること。

一方、文系AI人材の仕事は、
理系AI人材がやらない、AI活用に必要な
「すべて」の仕事を担うことになります。

具体的には、まず、ビジネスの中で、
どのAIを選ぶのか、AIをどのように
活用するのかを考える「AI企画」。

そして、すでに構築されたAIを
職場や店舗などに導入するために、
導入計画を立てたり、現場導入の
作業を行う仕事があります。

もちろん現場導入後に、AIを継続的に
利用したり、どう利用するかを管理する
のも文系AI人材の仕事です。

文系AI人材の仕事は、理系AI人材の
やらない「すべての仕事」なので、
非常に多岐にわたり、それらは細分化が
進んでいきます。

そこで、本書では次の4つのステップで、
「文系AI人材」になる方法を解説します。

 STEP1 AIの基本を丸暗記する
 STEP2 AIの作り方をザックリ理解する
 STEP3 AI企画力を磨く
 STEP4 AI事例をトコトン知る

この4ステップでAIと共働きする力を
身につけます。

文系の人がゼロからAIのことを
学ぶには、この順番が最適だと、
野口さんは確信しています。

個人的には、特にAI事例を紹介している
パートがかなり参考になりました。

企業の事例だけでも45ケース、
100ページ近く紙面を割いて解説している
充実ぶり。

今後AIが導入される企業にとっても、
大いに参考にできる資料になっています。

この本から何を活かすか?

文系に必要なAIの基礎用語は、
ある程度丸暗記する必要があります。

そこで本書では、「よく出る順」の
AI基礎用語が紹介されていました。

 学習と予測/教師あり学習と教師なし学習
 /目的変数と説明変数/アルゴリズム/
 過学習/アノテーション/時系列モデル/
 データ前処理/ニュートラルネットワーク
 PoC/正解率と再現率・適合率/AUC

これらのAI基礎用語の解説も読んで、
言葉を理解し、実際に使えるように
なりたいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません