活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

北海道いい旅研究室〈17〉北海道の廃止寸前駅と穴場温泉とウルトラセブン

2020年03月06日
旅行・アウトドア 1

北海道いい旅研究室〈17〉北海道の廃止寸前駅と穴場温泉とウルトラセブン
満足度★★★
付箋数:23

実に9年ぶりの紹介になります。

前回紹介したのは、2011年5月11日の
記事でした。

北海道いい旅研究室 13book1
北海道いい旅研究室 13book2

今回は同誌の最新巻17号になります。

まず、この本は「のんびり出版社
海豹舎」から、不定期で出版される
本です。

主に北海道の温泉をメインの記事に
していますが、最近では鉄道の記事も
もう1つの柱になっています。

この出版社は、舘浦あざらしさんが、
1人でやっています。

そして、あざらしさんは、
いろいろとこだわりが強い方です。

そのの考え方を受け入れる方からは、
絶大な支持を得ています。

問題は、次の号がいつでるのか
皆目わからないこと。

今回は、あざらしさんがレギュラー出演
しているラジオ番組を聞いて、たまたま
新刊が出ていることを知りました。

2020年3月現在、HBCラジオの
「朝刊さくらい」の今朝の三枚おろし
のコーナーに、あざらしさんは出演
しています。

毎週火曜日の7:40から、10分ほどの
コーナーです。

さて、今回の「北海道いい旅研究室」
17号の表紙には、3つのタイトルが
並んでいます。

・北海道の廃止寸前駅
・穴場温泉
・ウルトラセブン

しかし、実は本号の一番の特集記事は、
「北海道の平成絶滅温泉&ずっと休業中
の絶滅寸前温泉 前編」です。

カラーを含む29ページの大特集。

ただし、この特集を表紙に出すと、
さすがに本が売れなくなると思って、
表紙には出さなかったそうです。

前編と後編に分かれた大特集なので、
後編は次号に掲載予定ですね。

  「リストアップした150軒をすべて
  探し歩く旅に出てみたら、予定外の
  平成絶滅温泉が出てくる出てくる。
  気が付いたら、軽く200軒を超えて
  いたりして!」

わずかな手がかりを元に、1人で
北海道中を取材して回っている姿勢
には、本当に頭が下がります。

今回の記事は前半分だけですが、
「あ~、こんな温泉あった、懐かしい」
と思い出したのがいくつもありました。

いずれにしても、平成の30年間で、
北海道の200軒以上の温泉がなくなって
いるのは、本当に寂しい限りです。

あと、もう1つ「ウルトラセブン」の
特集について。

これ、結構、唐突感がありました。

  「石井伊吉(現/毒蝮三太夫)演ずる
  フルハシ隊員は北海道の牧場の息子
  という設定だし、ダン役の森次浩司
  (現/森次晃嗣)は北海道出身で、
  おいら、兄弟には世話になっているし、
  アンヌ役の菱見百合子(現/ひし美
  ゆり子)だって北海道に縁がある
  家系なのだよ。」

ということで、円谷プロに企画書を
送ったらOKが出て、今回の特集に
なったようです。

また、ウルトラセブンの脚本家だった
金城哲夫さんと上原正三さんの2人は
沖縄出身でした。

そこで、「北海道とウルトラセブンと
沖縄」という記事になっています。

この本、時期を逃すと入手困難になる
ことがしばしばあります。

興味がある方は、Amazonと楽天ブックス
の両方を覗いてみてください。

タイミングが合えば在庫があるかも
しれません。

この本から何を活かすか?

あざらしさんがホームページを作った
ようなので、リンクを貼っておきます。

北海道いい旅研究室のホームページ

また、当ブログで前回紹介した9年前の
間に刊行された号も紹介しておきます。

北海道いい旅研究室〈14(book1)〉
北海道いい旅研究室 第14号 book2(キトピロ
北海道いい旅研究室〈14 book3〉チャランケが足りないよ号
北海道いい旅研究室 第15号(アンコラチ・ソナピ号
北海道いい旅研究室〈16〉北海道の廃止駅と小さな温泉宿

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント1件

コメントはまだありません

TK

Ultralearning日本語版

長年、いつも高品質な記事を読ませていただきありがとうございます。
「Ultralearning」の日本語版が出ているようですので、もし既に読了されておりましたらikadokuさんのレビューを大期待しております!

2020年03月08日 (日) 15:05