活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

文藝春秋オピニオン 2020年の論点100


文藝春秋オピニオン 2020年の論点100 (文春ムック)

満足度★★★
付箋数:22

文藝春秋が1992年から毎年刊行している
ムック『日本の論点』。

存在は知っていましたが、
今回、初めて読みました。

毎年、この本を楽しみにしている人が
多いと聞いていましたが、それも納得。

視野の広がる、お得感のある本でした。

対論のコーナーでは、異なる意見の2人の
コラム(論文)が掲載されています。

比較しながら読むと、そのテーマに
ついて多角的に見ることができるので、
自分の考えも深めることができます。

2020年版で扱われている対論をいくつか
ピックアップすると以下の通りです。

 ・愛子天皇を認めるべきか
 ・FB「リブラ」がもたらすもの
 ・キャッスレス社会の未来
 ・夫婦別姓で社会はよくなるのか
 ・受験改革で英語力はアップするのか

普段から自分の興味があるテーマは、
もちろん楽しむことができます。

しかし、こういった詰合せの本では、
単書では手を伸ばさないテーマでも
読めるのが有り難いところです。

対論以外でも、政治・国際・経済・社会・
文化・メディア・生活・医療・芸能・
スポーツ・教育・科学の分野のコラムが
掲載されています。

各コラムは2~4ページの分量でコンパクト
に要点がまとまっています。

以下、私が気になったコラムを2つほど
紹介します。

・人はなぜ「あおり運転」をやめられ
 ないのか(中野信子さん)

  「(加害者は)マイルールを守らない
  奴を懲らしめるのは、彼らにとって
   “正しい” ことなのです。
  この正義感に基づく制裁行動は、
  脳内でドーパミンという神経伝達物質
  を分泌させます。
  ドーパミンは “自分は正しいことを
  している” との充足感を与え、
  脳に快感をもたらします。
  すると、ますます相手を攻撃する
  気持ちが強まって、怒りの感情が
  持続してしまうのです。」

この解説を読む限り、あおり運転を
なくすことは、無理そうですね。

彼らの自分が正しいという快感が、
攻撃を加速しているので、
手のつけようがありません。

では、なくならないことを前提にして、
どのように対処すべきなのか?

  「まずは、話が通じる相手だと
  考えてはいけません。たとえるなら、
  猛獣のライオンかヒグマです。
  彼らは攻撃を完遂するまで満足
  しません。すぐにドアをロックして、
  警察に通報してください。
  怒りに支配されている相手に対しては、
  逃げるしかありません。」

災害に対する避難訓練を行うように、
あおり運転からも迅速に避難するように
訓練しておいた方がよさそうです。

・iPS細胞に立ちはだかる三つの壁
 (森健さん)

2012年にノーベル生理学・医学賞を
受賞した山中伸弥さんのiPS細胞への
期待は非常に大きいものがあります。

しかし、このコラムではiPS細胞の
医療の実現には3つの課題があることを
指摘しています。

  「第一に、現状の見込みではiPS細胞を
  適用できる人は日本人の3~5割程度
  に止まるとされる点。(中略)
  第二に、実際の医療への適用は
  はるか先という点だ。(中略)
  第三に、薬価がいくらになるかと
  いう問題だ。(中略)」

実際には、医療への実現性はあまり
高くない状況で、政府からは巨額の
研究費が支給され続けていまです。

医療の改善のことを優先で考えると、
iPS細胞よりもっと実現性の高い
他の先端医療に目を向けるべきと
指摘されています。

この本から何を活かすか?

日本がキャッシュレス社会の実現に
向けて、本格始動したのは2018年から。

本書のコラムによると、日本に先駆け
キャッシュレス化が進んだ中国から、
学ぶべきことがあるようです。

キャッシュレス決済による新たな詐欺
や犯罪が生まれています。

中国の先行事例を参考にして、
デメリットの発生を抑えつつ、
メリットが最大限享受できるように
普及を進める必要があります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3701-a6b825db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT