活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

英語は8歳までにはじめなさい!

英語は8歳までにはじめなさい!
英語は8歳までにはじめなさい!
高濱 賛 (2007/04/28)
アスコムこの商品の詳細を見る

満足度★

How do you get a witch to itch?
(魔女をかゆくさせるには?)

これは、本書に出ていたアメリカの子供に
人気のあるという“なぞなぞ”です。

わかりますか? 答えは、後ほど。

こどもの早期英語教育に関しては、専門家の間でも
賛成派と反対派、意見が分かれているようです。

本書の著者、高濱さんはアメリカに定住した
英語が使えるジャーナリストの立場から、
「鉄は熱いうちに打て」という実践的な見解を示しています。

本書は3つのパートに分かれていて、

  1.早期英語教育に関しての著者の見解
  2.日本の英語教育に対する苦言・提言
  3.アメリカの小学校の英語授業レポート

となっています。

このうち、本書のセールスポイントはパート3のアメリカの
小学校2年生の授業レポートですが、全体を通してみると、
苦言が多い本だな~というイメージになってしまいます。

ですから、
子供に英語を早めに勉強させた方がいいんだろうか?
と迷っている親にとっては、“やった方がいい”という
メッセージが伝わりますが、
子供に英語を早めに勉強させよう!と思っている親にとっては
その方法が示されていないので、少し消化不良感が残るかも
しれません。

ところで、最初のなぞなぞの答えは、
Take out the w.(wをとる)です。

witch(魔女)の単語の最初のwをとればitch(かゆい)
になるからです。

この本から何を活かすか?

我が家では、子供の英語学習として、
簡単なペーパーバックを一緒に読んでいましたが、
やはり、ネイティブの発音を聞くことが重要と感じました。

手始めに、NHKラジオ基礎英語1を親子で聞くことにします。

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/37-ac1e10fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT