活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

東京・都心 中古ワンルームマンション経営


東京・都心 中古ワンルームマンション経営

満足度★★★
付箋数:22

サンライズパブリッシングさんより
献本頂きました。ありがとうございます。

「人生100年時代」と言われるようになり、
金融庁の審議会から2019年6月に発表された、
「老後に必要な資金2000万円」が大きな
話題を集めました。

「年金保険料をこれだけ払わせておいて、
更に2000万円を自分で準備しろというのか」
といった批判が相次いだようです。

「老後資金2000万円ショック」とも、
言われていますね。

個人的には、老後に注目すべきは、
「ストック」ではなく、「フロー」だと
思います。

たとえ資産が2000万円に足りなくても、
年金以外の毎月の定期収入があれば、
何歳まで生きても、全く問題ありません。

ストックを切り崩さなくていいので、
逆算する必要もなく、何年でもフローで
生活をしていけます。

では、どうすればフローを得られるのか?

その1つの有力な手段が不動産投資です。

  「マンション経営やアパート経営と
  聞くと “地主”  “お金持ち” がやっている
  ものとして、ご自分には縁のないもの
  であると思っていらっしゃる方も多い
  と思います。
  しかし、1室からのマンション経営に
  おいて一番向いているのは、会社員や
  公務員のような、安定した収入がある
  方です。もちろん、安定した職業で
  あれば、士業や医師、その他団体職員
  の方々にも適しています。」

本書は、安定した収入のある方に、
不動産投資を勧める本です。

著者は明光トレーディング代表取締役の
松木正一郎さんです。

本書で、投資の対象とするのが、
「東京都心」「中古」「ワンルーム」
という条件の物件です。

なぜ、「東京都心」なのかというと、
安定した収入を得るには立地条件が
必須だからです。

日本の人口が減りはじめている中で、
2045年まで唯一人口が減らないのが、
東京です。

しかも、生涯未婚率の増加や外国人
労働者の増加によって、ワンルーム
マンションの需要が増えることが
見込まれています。

また、新築ではなく、中古に投資する
理由は、中古の方が長期で安定した
収入を得るのに適しているから。

新築には「新築プレミアム」として
価格の1~2割が上乗せされているので、
安定性には欠ける面があります。

新築の方が最初は入居者を募りやすい
のですが、プレミアムがなくなると、
賃料の値下げリスクが生じるのです。

未来に需要のない地方や東京郊外での
不動産投資は論外。

長期で安定した不動産収入を得るには、
「東京都心」「中古」「ワンルーム」
以外の選択肢はないと言います。

不動産でも、1棟のマンションや
アパートへの投資は、様々な事件の
影響を受け、融資の際の条件が
厳しくなりました。

しかし、区分ワンルームマンション
への投資は、それほど融資の条件が
変わらず、会社員や公務員であれば、
ローンが利用できるようです。

本書で解説されるのは、大儲けできる
ようなものではありません。

時間をかけて、毎月の家賃収入により、
じっくりと資産を形成していく、
ミドルリスク・ミドルリターンの
投資です。

個人的には、将来のフローを生む選択肢
の1つとして、十分アリだと思います。

この本から何を活かすか?

本書が勧める物件選びの際の優先順位は
次の通りです。

 1. 立地条件
  特に港区、渋谷区、千代田区、中央区と
  横浜市と川崎市がオススメ。

 2. 最寄り駅からの距離
  徒歩10分圏内であること。

 3. 物件の設備
  独立したバス・トイレ、2口以上のコンロ、
  セキュリティー、インターネット環境など。

 4. 耐震性
  目安は1981年6月1日以降の建築確認
  取得物であること。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3683-9d2cd98f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT