活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

人生100年時代の稼ぎ方

2020年01月07日
マネー一般 0

人生100年時代の稼ぎ方

満足度★★★
付箋数:21

  「人生100年時代と聞いて、多くの人が
  真っ先に思い浮かべるのが、お金の
  不安だと思います。(中略)
  会社や国からお金は減っていくのに、
  寿命は延びて “なかなか死ねない” 
   “死なせてくれない” という皮肉さを
  帯びながら、わたしたちは人生100年
  時代に突入しました。
  皆さんが不安を抱くのも、無理はない
  状況です。」

では、どのように人生100年時代の不安を
解消したらよいのでしょうか?

今からできることは何なのでしょうか?

こういった疑問に答えるべく、2018年11月
に北海道・釧路市で行われたイベントが
「エジソン01 in 釧路」でした。

登壇者は、勝間和代さん、久保明彦さん、
和田裕美さんの3名。

限定130枚のチケットはすぐに売り切れ、
当日は大勢の立ち見客が出るほど、
大盛況のイベントとなりました。

テーマは「人生100年時代の稼ぎ方」。

本書は、その講座の内容に一部加筆して、
書籍化したものです。

100年時代でも、困らずに生きていくには、
4つの管理が必要だと言います。

それは「健康管理」、「時間管理」、
「金銭管理」、「感情管理」の4つ。

これらは、将来稼げるようになるために、
今から管理すべき要素です。

そして、今後デジタル化が進む世界でも、
「稼ぐために必要な能力」は、実は今と、
それほど変わらないと言います。

むしろ、デジタル化するからこそ、
その能力があれば、突出して稼げるように
なるようです。

それはコミュニケーションに関わる
3つの能力です。

第一に、「人として好かれる力」を
身につけること。

これは心掛け次第で、いかようにも
発揮することができます。

特に同性に好かれる能力が重要です。

第二に、「相手の話をとことん聞く力」。

人は誰でも自分の話を聞いてもらいたい
と思っています。

相槌を打ちながら、相手の話をしっかり
聞くことが、あなたの存在価値を高めます。

第三に、相手の「幸せな決断をサポート
する力」です。

日本人は欧米人に比べて、本音を隠す
傾向があります。

その言語化されていない心情を汲み取り、
決断をサポートすることが、稼ぐことに
直結します。

これは端的に言うと、セールス力です。

こういった能力を身に着けつつ、
将来も得られる年金以外の収入源を
早い時期から作っておくことが、
大切なようです。

これは、副業をつくることです。

副業は、将来の収入になればいいので、
すぐに稼げなくても焦る必要はありません。

ただし、老後になって始めるのではなく、
今から始めることが重要です。

メルカリで何か物を売ってもいいし、
ブログなどのアフィリエイトで稼いでもいい。

稼ぐことに直接フォーカスすることより、
「人に感謝される」ことをモチベーションに
副業を始めるのがいいようです。

また、以前から勝間さんが言っている
ことですが、「収入の7~8割で暮らし、
2~3割を投資信託で増やす」ことで、
本書は締めくくられていました。

「世界株式インデックス」など低コストな
投資信託をドルコスト平均法で購入する
ことが、本書でも推奨されていました。

私も、この投資の王道は誰もが簡単に
できるので、将来に向けてやるべきことの
1つだと考えています。

本書は、将来のお金や仕事の不安から
解放するために、未来像を多角的に
見せてくれる本だと思います。

この本から何を活かすか?

老後資金として2000万円が必要という
金融庁の試算が、以前、話題になりました。

ただし、個人的にはこの資金を食いつぶす
のではなく、ここから収入を得るように
する必要があると考えます。

資産運用で重要なのは、最初にストックを
作ってから、その後にフローを作ること。

そうすれば、人生120年時代になろうが、
150年時代になろうが、お金に関する
不安はなくなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません