活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書


勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

満足度★★★
付箋数:18

  「勉強は、めちゃくちゃ楽しいものです。
  しかも、勉強すると、その先にはいいこと
  まであります。それは、教養が身につく
  ことです。
  僕のYoutubeチャンネル “Youtube大学” 
  のキャッチコピーは “新時代を生き抜く
  ための教養” です。
  僕にとって教養は、 “大人の必須アイテム” 
  です。なぜ、必須かというと、教養は
  自分を “アップグレード” させるために
  欠かせないものだからです。」

オリエンタルラジオの中田敦彦さんは、
2019年春に「Youtube大学」の配信を
スタートしました。

チャンネル開設、わずか4ヶ月で登録者数は
120万人を超える人気を博したようです。

本書は、Youtuberとしても成功している
中田さんが考える勉強法を解説する本です。

独学の仕方というより、中田さんがYoutube
でコンテンツを配信するための方針を
書いた本といった方が適切かもしれません。

そもそも、なぜ、中田さんはYoutuberに
なったのか?

「心から届けたいというコンテンツ」を
作るためとか、「学校の授業に違和感が
あった」などの理由が挙げられています。

しかし、最たる理由は芸能人として
少し息詰まった状況にあったため、
その状況を打開して、新たにマネタイズ
する手段として目をつけたのが、Youtube
だったのです。

Youtubeチャンネルでのポジショニング等の
話は、Youtuberになりたい方は参考にして
いただくとして、ここでは中田さんの推す
独学の方法について紹介します。

まず、独学勉強法のルールは次の6つ。

 1. 「読書」のルールを明確にする
 2. 情報収集は「1冊の本」を軸にする
 3. 本で学んだ知識を「体感」してみる
 4. 「誰かに話すこと」を前提に本を読む
 5. 「テレビ番組」を学びのツールにしない
 6. 「歴史」を軸に、その他の分野を
   横展開で学ぶ

独学の中心は「読書」であるため、
ほぼ「読書」に関するルールになっています。

そして、本書では歴史・文学・政治経済・
英語の4分野についての独学勉強法が
解説されています。

この中でも、中田さんが最も得意で、
興味がある分野が「歴史」です。

そのため、多くの紙面が「歴史」に割かれ、
他の分野はオマケとして書かれている
印象がありました。

では、メインの歴史について。

「歴史の勉強=暗記」という考えを捨て、
歴史の「流れ」にフォーカスします。

最初に、歴史の中の「なんで?」を
掘り下げて考えます。

すると出来事の「因果関係」がつかめて、
つながりが見えやすくなります。

それを続けていくと、歴史の出来事が
徐々に数珠つなぎになり、やがて自分の
中に、歴史の大きな流れが浮かび上がって
くると、中田さんは言っています。

そして、歴史は「世界史→日本史」の
順番で学ぶのがいいようです。

世界史を学んだ後に日本史を学び、
その後に偉人伝を読むと、
歴史に対する見方が深まるようです。

世界史を先に学ぶと、日本史の出来事が
世界史の視点から眺められるようになります。

そして、日本史と世界史の「共通点」が
見つけられるようになるようです。

本書は勉強法本としては、少し内容が
薄い感じがしますが、中田さんのYoutube
コンテンツも併せて見ると、勉強の面白さが
伝わってくると思います。

この本から何を活かすか?

日本史は時代の節目となる次の12個の
年号だけ覚えておけばいいようです。

 ・卑弥呼にサンキュー(卑弥呼239)
 ・こくみ(593)ん思いの聖徳太子
 ・なんと(710)見事な平城京
 ・鳴くよ(794)うぐいす平安京
 ・いい箱(1185)つくろう鎌倉幕府
 ・いざ国(1392)まとめる南北朝
 ・室町滅びて以後みな(1537)だ
 ・人群れ(1603)見上げる江戸幕府
 ・一夜むな(1867)しき大政奉還
 ・征く意思(1914)固める第一次世界大戦
 ・いくさく(1939)るしい第二次世界大戦
 ・いくばく(1989)かの希望を持って
  平成時代

鎌倉幕府の成立が、1192年から1185年に
変わっているのは知りませんでした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3678-dd4b3f01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT