活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本

2019年12月11日
科学・生活 0

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 (扶桑社新書)

満足度★★★
付箋数:23

「サイゼはさあ、安くていいけど
味はもうちょっと頑張ってほしいよね」

人は飲食チェーン店について語るとき、
なぜか上から目線になってしまう傾向が
あります。

この背景には、飲食チェーンに対して、
次のような心理があることは、
否定できません。

本当は個人経営のこだわりのレストラン
で食べたいけど、やむを得ずチェーン店
を利用している。

チェーン店は所詮、チェーン店。

安くて便利でどこにでもあるから、
仕方なく使うだけ。

こういう偏見を覆したいという想いで、
人気飲食チェーンの本当のスゴさを
詳細に語ったのが本書です。

まるで飲食チェーンの回し者のように
思えますが、著者の立場は違います。

稲田俊輔さんは、20年以上飲食業に
携わっているものの、チェーン店の
経営者ではありません。

むしろその逆で、チェーン店とは
ライバルとなるレストランなどを
手掛けてきた方です。

そういった飲食のプロから見た、
有名チェーン店の知られざる秘密や
楽しみ方が書かれた本です。

  「本書を通して私はいくつもの
  チェーン店に対して、言うならば
   “肩入れ” をして書いています。
  それはもちろん私がそれらの
  チェーン店が本当に好きだから、
  というのが大前提になっています」

稲田さんが、特に肩入れするのが、
イタリア料理を中心に展開する
「サイゼリア」です。

サイゼリアの平均客単価は、
730円程度と言われています。

低価格が魅力のファミリーレストラン。

しかし、サイゼリアでパスタやドリア
だけを食べて、低価格だけで満足
していてはいけないようです。

なぜなら、サイゼリアは、
パスタやドリアを食べる人たちの
財布でうまい塩蔵肉や気の利いた
小皿をつまみに、上等なワインを
たらふく飲める店だから。

パスタやドリアは単価が安くて
気軽に食べられる主力メニューですが、
利益が出る値付けになっています。

そこでちゃんと利益が出ているので、
他の原価の高いメニューが提供可能
なのです。

また、稲田さんはメニュー以外でも
サイゼリヤを絶賛するものがあります。

それはフロアに自由に使えうように
置いてある卓上調味料です。

  「具体的には、まずオリーブオイル
  です。ナポリの老舗メーカーと
  提携して徹底した品質管理の下に
  直輸入されているそれは、香りの
  豊かさ、スパイシーさを感じる
  その風味、さらりとした口当たり」

無料のオリーブオイルにしては、
かなり良質のものが提供されて
いるようですね。

  「もう1つ、最近置かれるように
  なった粉チーズのグランモラビア。
  以前の粉チーズは、大衆店で
  よく見かけるタイプの紙筒入の
  半乾燥製品が置かれていましたが、
  今はこちらに切り替わっています。
  これがまた素晴らしいのです。」

ここまで書かれると、使わないと
損をするような気がしてきます。

本書は、紹介されているチェーン店に
若干偏りはあるものの、利用者視点
からも、経営者視点からも楽しめる
本だと思います。

本書を読んでからサイゼリアに行くと、
お得さと本当の価値がわかるので、
得した気分になること間違いなし。

この本から何を活かすか?

速水もこみちさんの料理と言えば、
「冗談のようにオリーブオイルを使う」
と世間では認識されています。

しかし、実はイタリア料理のプロ
からすると、速水さんが使っている
量は決して多くなく、あれが普通の
レベルのようです。

オリーブオイルはコレステロール値を
下げる効果もあるようですから、
私もサイゼリアに行って、掛け足し
をしてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません