活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

思考のボトルネックを解除しよう!

思考のボトルネックを解除しよう!
思考のボトルネックを解除しよう!
(2008/08/18)
石川 和幸 商品詳細を見る

満足度★★★★

「ボトルネック」とは、その系の中で、その箇所でのパフォーマンスが
全体のアウトプットに制限を及ぼすような、まさにボトルの首のような部分。

本書の著者・石川和幸さんが指摘するように、
ボトルネックに着目し、改善するという考えは、
エリヤフ・ゴールドラットさんの著書「ザ・ゴール」で有名になりました。

(恐らく「ザ・ゴール」を読む以前の私は、“律速段階”という用語で
ボトルネックのことを表現していたと思います。)

ところで、ゴールドラットさんの示したボトルネックは、
工場などの物理的な系の中でのボトルネックでした。

それに対して、石川さんは人間の「思考システム」の中にもボトルネックが
存在するとして、本書でその改善方法を説明します。

いくら時間術や勉強法などの本を読んでノウハウを身につけても、
別のところにボトルネックが存在すれば、
一向にアウトプットは改善されないという訳です。

私は最初、系(流れ)の中のボトルネックというイメージが強く、
思考のボトルネックという考えがピンときませでしたが、
系というより、思考を枠組みに分割し、その要素の掛け算が
全体のパフォーマンスを決めると考え直すと、すっきりイメージができました。

石川さんは、思考を<知識>・<選択>・<生/活力>という3つの枠組みに分割し、
それぞれが、次の3つの要素で構成されていると説明します。

  ・知識 : <情報>、 <手法>、 <技能>
  ・選択 : <認識>、 <選択>、 <前提>
  ・生/活力 : <健康>、 <習慣>、 <好奇心>

この中から、自分のボトルネックになっている部分を見つけ、改善する。

そして、1番のボトルネックを改善しても、
次に弱かった部分が、新たなボトルネックとなる点にも注意して、
発見→改善のサイクルを続けなくてはなりません。

私にとっては、思考の中にもボトルネックがあるという
イメージが持てただけでも、大きな進歩でしたが、
それ以外にも、参考になる点が盛りだくさんの本でした。

この本から何を活かすか?

情報のボトルネックを解除する方法として、
「ECRSの魔法」という考えが紹介されていました。

  E : Eliminate(なくせないか)
  C : Combine(いっしょにできないか)
  R : Re-order(順番を変えられないか)
  S : Simplify(単純化できないか)

製造業などでは、非付加価値の作業時間をこの視点を使って
減らすそうですが、自分の非付加価値時間の削減にも
この考えが応用できるようです。

早速、私の1日の行動をチェックしてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 09:17 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

書評ありがとうございます

ikadoku様

過分な書評、ありがとうございます。
思考のボトルネック著者の石川です。

安心して読める、落ち着いた文章で評していただけて、
また、もっとも伝えたかった、思考の中にもボトルネックがあるということも
伝わったことが、とてもうれしいです。

これからも末永く、宜しくお願いいたします。

| 石川 和幸 | 2008/10/07 10:24 | URL |

石川和幸さん

わざわざ、コメント頂き光栄です。
しかも、記事をアップした当日に来ていただけるなんて。

私は、ボトルネックとは、物理的なものだけと
考えていましたから、
そのこと自体が私の思考のボトルネックだったと
本書を読んで、気づくことができました。

| ikadoku | 2008/10/08 11:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/366-3a301dc4

TRACKBACK

思考のボトルネックを解除しよう!

思考のボトルネックを解除しよう!(2008/08/18)石川 和幸商品詳細を見る ■感想 考えて結論を出していくことは多い。本当にベストな考え方をし...

| hobo-多読多評- | 2009/06/15 06:15 |

思考のボトルネックを解除しよう! 石川和幸

◆思考のボトルネックを解除しよう! ◆仕事頭のリミッターの外し方! アウトプットは、もっとも能力の低いリソースに制約される! つまり、たった一箇所のボトルネックが全体のアウトプットを制限する! これは、工場内の生産工程でも、あなたの頭の中の思考工程でも...

| ビジネス本でバージョンアップ 2.0! | 2010/01/10 08:43 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT