活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

営業マンは、今すぐ“肉食"になれ ――いち営業マンだった僕が社長になれた理由――

2019年11月15日
マーケティング・営業 0

営業マンは、今すぐ“肉食"になれ ――いち営業マンだった僕が社長になれた理由――

満足度★★★
付箋数:21

サンライズパブリッシングの加藤さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

  「今、僕は “すべての仕事の基本は
  営業だ” と大きな声で叫びたい
  くらいです。いや、実際に、一緒に
  仕事をしている仲間や、僕のセミナーを
  聞きにきてくれている人たちに、
  ちょっとうっとうしいくらいに何度も
  繰り返し伝えています。本書でも、
  これまでの日々の中で見つけた僕なりの
  営業論、営業スタイル、そして営業と
  いう仕事への大きな愛をみなさんと
  共有したいと思います。」

このように営業愛を語る青木宏樹さんは、
現在33歳にして、3つの会社を経営して
いる方です。

「すべての仕事の基本は営業」という
だけでなく、「社長になるために必要
なことはすべて “営業” から学んだ」
とも言っています。

ただし、営業を経験したからといって、
必ず成功できるわけではありませんし、
社長になれるわけでもありません。

青木さんのようになるためには、
「肉食系」の営業スタイルになる
必要があります。

では、「肉食系」とはどのような
営業スタイルなのでしょうか?

営業マンだったら、誰もが肉食系だと
思うかもしれませんが、実はそうでも
ないようです。

青木さんは、ホンモノの肉食系
営業マンは全体の10%にも満たない
と感じています。

あなたが、ホンモノの肉食系かどうかは、
次の質問に答えるとわかります。

 Q. あなたが大好きな人(女優・俳優
  さんでもタレントでも)を
  思い浮かべてください。

 A 彼女(彼)に対して既に何らかの
  アプローチをした
 B 今はまだ、何も行動を起こしていない

この質問で、Aを選んだ人はホンモノの
肉食系で、Bを選んだ人はエセ肉食も含む
草食系です。

要するに「自分からアクションを起こす」
のが肉食系の本質。

また、そもそも営業とは、こちらが
売りたいものを売る仕事ではなく、
お客様が抱えてる不満を解消したり、
憧れている夢を実現したりする仕事。

そのため、自分が売るもので、
お客様を幸せにしたいという気持ちが、
確信に変わったときに、ホンモノの
肉食系営業マンになれるようです。

お客様のためにいいと思うことを
自信を持ってガツガツ行く。

そうなるためのアドバイスが本書には
数多く書かれています。

「そうは言っても自分は草食系だし・・」
と諦めている方もいるかもしれません。

しかし、諦めないでください。

実は、青木さんも最初は根っからの
草食系で、しかも絶対に営業マンだけには
なりたくないと思っていたそうです。

それが少しずつ経験を積むうちに、
考え方も変わり、完全な肉食系に大きく
変わりました。

ですから、自分はちょっと営業には
向いていないのでは、と悩んでいる方が
本書を読むのは丁度いいと思います。

  「この本は、恋愛指南の本では
  ありませんが(笑)、僕が言いたいのは、
  営業も同じだよ、ということです。
  営業も “肉食系” で行こう。
  それが大きな成功を手にするための
  必要条件です。そして、大事なことは、
  誰だってホンモノの “肉食系” になれる
  ということです。」

本書で青木さんは、営業テクニックより、
「営業の本質とは何か」という点を中心に
語っています。

この本から何を活かすか?

本書では、一部「Q&A」形式でアドバイスが
書かれているパートがあります。

 Q. 「お客様のために」と言いつつも、
  自分の営業成績が気になります。
  両立って可能ですか?

 A. これは、いい質問ですね。
  僕の営業スタイルの本質に
  関わるものです。
  答えは、両立が可能ですか、
  なんて悩むのじゃなくて
  「常に両立してください!」です。
  両立しないと、結局はどちらも
  幸せになれません。

お客様の願いと自分の願いを合致させる
ところから、本当の営業は始まります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません