活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ビッグデータ探偵団


ビッグデータ探偵団 (講談社現代新書)

満足度★★★
付箋数:21

「ビッグデータ」というキーワードが
注目され始めたのは、2011年頃からの
ことでした。

ビッグデータとは、読んで字の如く、
大量のデータ群を表す言葉です。

さすがに、ビッグデータという言葉
自体は聞いたことがある人が多いでしょう。

では、そのビッグデータを使って、
一体、何が分かって、どんなことが
できるのでしょうか?

本書は、そんな疑問に答える本です。

  「これから私たちが本書で示して
  いくことは、ビッグデータが、
  これからのビジネスを考えるうえで、
  また、あなたの生活をより快適なもの
  にするために、こんなにも役立つのか、
  という驚きと発見である。」

本書でビッグデータの有効活用例を
示してくれるのは、Yahoo!ビッグデータ
レポートのみなさんです。

チームの統括を務める安宅和人さん、
編集長の池宮伸次さん、その他のチームの
みなさんの共著です。

  「(ヤフーが持つ)多彩なサービスを
  通じて蓄積された膨大なデータ群―
   “マルチビッグデータ” を活用して、
  データの面白さとそのパワーを、
  わかりやすく伝えたい。
  そんな強い思いから、私たちの最初の
  一歩は始まった。」

特にヤフーが保有しているのは、
ネット上の膨大なデータです。

それは私たちのリアルな世界とは、
本当に繋がっているか疑問に思う方も
いるかもしれません。

しかし、ネットとリアルの世界は、
別々に切り離して考えることの
できない関係にあるようです。

  「ネットとリアルは別個の世界で
  あるどころか、切り離しえないもの
  であり、今後ますますその関連が
  密接なものとなっていくことは
  間違いない。」

本書の目次を見ると、どんなことが
データから読み取れたかがわかります。

 第1部 ビッグデータは、「深層」を
    描き出す
 1-1 新社会人は4月に「モットーとは」、
   5月に「新入社員 辞めたい」、
   6月に「恋活」と検索する
 1-2 ママは、生後102日目にわが子を
   モデルへ応募したくなる
 1-3 「頭が痛い日本人」が最も多い
   時刻は、17時である
 1-4 矢沢永吉と郷ひろみは、双子レベル
   の「そっくりさん」
 1-5 日本は、「東京」と「それ以外」
   の2つの国からできている
 幕間劇 1-6 音楽CDが売れる時、
    サバの漁獲量が増える
    ――擬似相関とは何か?
 第2部 ビッグデータは、こんなに役立つ
 2-1 これからの「混雑ぶり」がわかり、
   移動のストレスが消える
 2-2 救援活動をスムーズに進める、
   「隠れ避難所」を探せ!
 2-3 リニアで日本はどれだけ狭くなる
   のかを、実際に見てみよう
 2-4 政治への関心が薄い日本人の注目を
   一挙に集めた、「令和」発表の瞬間
 2-5 検索量を分析すると、選挙の
   議席数予測は96%も的中する
 2-6 今の景気を予測することは、
   どこまで可能か?

個人的に本書で一番面白かったのは、
「Yahoo!JAPAN景気指数」を作る試みです。

景気を数値化したものとしては、
内閣府が発表する「景気動向指数」が
ありますが、これは数ヶ月前の景気が
どうだったかを数値化したもの。

ヤフーでは、それをリアルタイムで
算出するモデルを作ろうとしていました。

最終的にこの試みは断念したようです。

しかし、内閣府発表の数値を予測する
のではなく、独立した景気指数として、
その活用の道を探って欲しいですね。

この本から何を活かすか?

本書では日本のアーティストが作った
計16万曲の歌詞を分析して、酷似する
アーティストを明らかにしています。

 モーニング娘とBerryz工房
 Mr.ChildrenとTOKIO
 矢沢永吉さんと郷ひろみさん
 いきものがかりと浜崎あゆみさん
 TUBEと大黒摩季さん
 真心ブラザーズと奥田民生さん
 森進一さんと堀内孝雄さん
 中島みゆきさんと研ナオコさん

言われてみれば、歌詞が似ているのは、
なんとなくわかる気がします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3636-e5e3bb6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT