活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45


ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

満足度★★★★
付箋数:25

  「情報量が激増する社会では、
  人間の集中力こそがもっとも重要な
  資産になる」

これは1978年にノーベル経済学賞を
受賞した、米国の認知心理学者の
ハーバート・サイモンさんの言葉です。

「集中力」が上がれば、私たちの
仕事や勉強などのパフォーマンスは
大きく向上することでしょう。

では、どうやったら集中力を高める
ことができるのでしょうか?

この疑問に答える前に、本書では、
あるメタファー(比喩)を使って、
私たちの脳を表現しています。

そのメタファーとは「獣と調教師」。

集中力とは、単一の能力ではなく、
いくつかの能力の組み合わせ。

それらを全て組み込むための土台が、
「獣と調教師」というメタファーです。

  「獣は “衝動” や “辺縁系” に当たり、
  調教師は “理性” と “前頭前皮質” に
  相当します。本能のまま好きに動く
  獣を、調教師がどうにかして操ろうと
  するような、そんなイメージです。」

もう少し、細かく見ていくと、
獣と調教師には、それぞれ次のような
特性があります。

<獣の3つの特性>
 ・難しいものを嫌う
 ・あらゆる刺激に反応する
 ・パワーが強い

<調教師の3つの特性>
 ・論理性を武器に使う
 ・エネルギー消費量が多い
 ・パワーが弱い

私たちが集中力を高めるのは、調教師が
獣をうまくコントロールするようなもの。

パワーにおいては、どうやても
調教師は獣に勝つことはできません。

しかし、調教師の武器である合理性を
うまく使って、獣を導けば莫大なパワー
を得ることができるのです。

本書では、「獣と調教師」のメタファーに
最新の脳科学や心理学、栄養学などの
研究データから分かったことを加え、
実行可能なノウハウとしてまとめています。

著者はサイエンスライターとして活動
するかたわら、企業のコンサルティング
なども行っている鈴木祐さん。

ベストセラーとなった『最高の体調』の
著者として知られている方です。

鈴木さんは、1日平均で15本の論文と
3冊の本を読むと同時に2万~4万字の
原稿を毎日書き続けています。

本書の集中力アップのテクニックは、
鈴木さんが生産性の高い仕事をする上で
実際に大いに役立っているそうです。

  「獣とのバトルに勝つためには、
  毎日のように細かく報酬の予感を
  調整する必要がありますし、
  長期的には儀式をくり返して自分なりの
  物語を編み変えねばなりません。
  そのプロセスでは激しい感情に
  立ち向かうスキルを求められ、
  そのたびに心身は消耗していきます。」

このように獣をコントロールするのは、
簡単なことではありません。

それでも獣を乗りこなそうとするのは、
私たちが自分の人生の主導権を握り直す
ことでもあるからです。

本書で紹介される45個のテクニックは、
手軽なものから、長期的にトレーニングを
要するものまであります。

そのため、各テクニックを万全に
使いこなすロードマップも用意されています。

比喩がユニークなので興味深いですし、
実践しやすいように十分に工夫された
本だと思います。

この本から何を活かすか?

研究の結果、やはり「カフェイン」は
脳の覚醒作用としては最強でした。

本書には、その作用が強いだけに、
従うべき「カフェイン摂取の5原則」が
示されています。

 1. 一度に缶コーヒー2本以上飲まない
 2. コーヒーにはミルクかクリームを入れる
 3. 起床から90分はカフェインを飲まない
 4. アメリカ陸軍開発のスケジューリング
  サービス「2B-Alert」を使う
 5. 緑茶に含まれるリラックス成分
  「テアニン」と一緒に飲む

ちなみに「2B-Alert」とは、
1回のカフェイン摂取量を減らして、
その覚醒効果を最大限に引き出すための
Webサービスです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3633-67c4d535

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT