活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活


【早期購入特典あり】noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活 (できるビジネス)

満足度★★★
付箋数:19

本書が、ウェブサービスの「note」に
ついての解説本だと知らずに買いました。

そもそも、そんなウェブサービス自体が
あることを知りませんでした。

  「noteは、クリエイターとユーザーを
  つなぐことができる、まったく新しい
  タイプのWebサービスです。
  まったく知らない方のために、もう少し
  だけわかりやすく説明させていただくと、
  “ 文章、小説、写真、マンガ、イラスト、
  音楽、音声、映像などの作品を至極
  シンプルに投稿でき、ブログのような
  使い方も、SNSのような使い方も、
  自分の投稿したコンテンツを販売する
  こともできる。いろいろな可能性を
  秘めたサービス” それが、noteです。」

リリースされたのが、2014年4月なので、
結構な年数が経っています。

知っている人は知っている、
当たり前のサービスなのでしょう。

2019年1月にはアクティブユーザーが、
1000万人を突破したそうなので、
使っている人も多いんですね。

このサービスは、ブログやSNSと、
一体、何が違うのでしょうか?

一番の違いは、マネタイズの簡易性。

誰でも簡単にコンテンツに課金する
ことができるのが、大きな特徴です。

有料コンテンツに設定すると、
100円、500円、1,000円から10,000円
までで、販売できます。

プレミアム会員になると、販売価格を
50,000円まで引き上げられます。

また、無料のコンテンツにも、
「サポートする」という機能があり、
投げ銭のようにクリエイターを金銭的に
支援できるようです。

本書は、そんなnoteでアウトプットする
ための教科書です。

著者は、アルファブロガーでネタフルの
管理人として知られるコグレマサトさん。

そしてもう1人、モデルとして活動後、
クリエイティブプランナー/ブロガー
として活躍するまつゆう*さんです。

お2人の共著で、noteを使って、
発信し続けるコツを紹介しています。

 第1章 noteの基本
 第2章 テーマとルールを決める
 第3章 noteを書く
 第4章 ステップアップする
 第5章 自分らしくまとめるマガジン
 第6章 継続して表現する
 第7章 先輩クリエイターに聞く
    アウトプットの極意

私も本書で初めて、noteを知ったので、
良ければ使ってみようかなと考えましたが、
それほど興味が持てませんでした。

私の場合は、このブログを有料化しようと
する考えはないので、特にnoteへ移行する
メリットを感じられませんでした。

ということで、本書はコグレマサトさんの
継続してアウトプットするノウハウを
中心に読みました。

  「ぼくは15年以上、ネタフルという
  ブロクを書いています。noteも並行
  して書いていますが、それぞれ自分の
  中で書き分けというか、すみ分けは
  なんとなくあります。ただ、どちらも
  何かを書く場所としての性質は変わらない
  と思っています。
  そこで、ぼくがブログを書き続けるに
  あたって、自分の指針としてきたものを
  紹介したいと思います。それが
   “ネタフルメソッド” というものです。」

私もこのブログを書いているので、
ネタフルメソッドは参考にしたいと思います。

 ネ:ネガティブなことは書かない
 タ:楽しんで書く
 フ:振り返る
 ル:ルールを守る

ブログを書く方針も、あいうえお作文
にしてしまうところが、コグレマサトさん
の読者を惹きつける上手さなのでしょう。

この本から何を活かすか?

もし、私がnoteを使うとしたら、
本の紹介とは全く別のテーマを選んで
書くのがいいかもしれません。

何かのノウハウを1冊の本にするほど
ではないけれど、記事単位で有益な情報が
あれば発信してもいいかなと感じました。

本を章単位で切り売りできるイメージ
でしょうか。

そんなテーマがないか考えてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3618-b98701b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT