活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

億を稼ぐ勉強法


億を稼ぐ勉強法

満足度★★★
付箋数:21

  「学力偏差値と商売偏差値は、大きく
  異なります。学力偏差値を基準にした
  勉強法は、知識量を増やすことが主
  なので、これだけではお金になりません。
  商売偏差値を基準にした勉強は、
  顧客に価値を与えることが中心と
  なります。なぜなら、あなたの会社の
  売上、あなたの報酬は、すべて顧客に
  よってもたらされるからです。」

いくら、学生時代に勉強ができても、
それで稼げるとは限りません。

むしろ「知識メタボ」になってしまって、
本当に稼ぐことの妨げになってしまう
こともあります。

本書は、「億を稼ぐ勉強法」を解説した
本です。

著者の小林正弥さんは、その勉強法を
ある億万長者の社長から教わったそうです。

小林さんは、ある経営者の勉強会で、
その億万長者の社長に出会いました。

そこで、どうしても月100万円稼げる
ようになりたいと、その社長に食らいつき、
自宅に通って、定期的に教えを乞うように
なりました。

  「教わったことは、直接的な金儲け
  ではなく “勉強法” 。勉強法とはいえ、
  従来の学力偏差値を高めるような、
  暗記力や論理的思考力ではありません。
  顧客と出会い、顧客に価値を与え、
  報酬を無限に伸ばしていく商売偏差値
  があ上がる勉強法。
  億万長者の社長から “学びを稼ぎに
  変える勉強法” を教えていただきました。」

そして実際に小林さんは、時給900円の
ラーメン屋の皿洗いから、年間1億円以上
の報酬を受け取るコンサルタントへと
変わることができたそうです。

小林さんが、本書で伝える億を稼ぐための
学習のキーワードは、次の6つです。

1.カスタマーサクセス

 カスタマーサクセスとは、顧客の成功の
 ことで、これと自分の成功とのベクトルを
 合わせます。

 お金を稼げる人と、稼げない人の一番の
 違いは、「仕事のベクトル」です。

 顧客不在で自分中心の人は、いくら勉強
 しても、稼げるようにはなりません。

2.反転学習モデル

 反転学習とは、学校の授業と自宅の宿題
 を逆転させるような学習方法です。

 セミナーや勉強会に参加するときは、
 事前に書籍やインラインで知識は習得し、
 質問を用意したう上で参加します。

3.成功ノート
 
 この成功ノートは、自分の成功ではなく、
 顧客の成功について書きます。

 顧客の成功を定義して、どうすれば、
 それを実現できるかを書いていきます。

4.ひとりPDCA会議
 
 自分の中に2つの人格を持ち、
 もう1人の自分がコーチになって、
 1日を振り返ります。

 PDCAは、いわゆるPlan、Do、Check、
 Actionですが、これを確認する会議を
 1日の終わりに1人2役で行います。

5.メンターによるフィードバック

 ひとりでPDCA会議を回すところから、
 さらにもっと高いところに登るには、
 登ったことのあるメンターから
 フィードバックを受けるのが効果的。

 もし、メンターが身近にいなければ、
 読書を通じて模擬的な対話をする
 ことも可能です。

6.学びと成長のコミュニティ

 コミュニティを主宰すると、
 リーダーである自分で実践しなければ、
 メンバーはついてきません。

 コミュニティの運営を通じて、
 自分で結果を出さざるを得ない環境に
 なっていくので、大きく成長できるのです。

  「6つのどれもが一朝一夕で儲かる
  ものではありません。
  しかし、中長期的に、あなたの
  経済価値を飛躍的に高め、どんな時代
  でも活躍できる力が磨かれることを
  強く確信しています。」

この本から何を活かすか?

  「成功ノート」の具体的な活用方法

左ページには、顧客の成功と課題を書きます。
右ページには、顧客に役立つ情報を書きます。

このノートをもとに、WEBメディア等で
学びを情報発信すると、さらに学びを
得ることができるようです。

そして、このノートを使って、
ひとりPDCA会議で振り返りを行います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3615-96e5db9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT