活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

人生とビジネスを豊かに変える 知財マネタイズ入門: 「貧乏モーツァルト」にならないための人生攻略術

2019年09月25日
人生論・生き方・人物・哲学 0

人生とビジネスを豊かに変える 知財マネタイズ入門: 「貧乏モーツァルト」にならないための人生攻略術

満足度★★★
付箋数:24

サンライズパブリッシングの加藤さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

まずは、次の4つの問いに答えてください。

 1.あなたは、モーツァルトさんと
  プッチーニさん、どちらが好きですか?

 2.オフィスで応接セットを購入する場合、
  コストパフォーマンスが高い30万円の
  セットと、希少価値のある500万円の
  セットでは、どちらを選びますか?

 3.投資目的でマンションを購入するなら、
  新築と中古どちらの物件を選びますか?

 4.麻雀で役満を狙うなら、国士無双と
  四暗刻のどちらにチャレンジしますか?

どの問いについても、後者を選んだ方は、
知財を上手に活かす眼を持っているかも
しれません。

一方、前者を選んだ方が多い方は、
マネタイズが苦手な貧乏モーツァルトに
なってしまう可能性があります。

本書は、『貧乏モーツァルトと金持ち
プッチーニ
』の第2弾。

知財のマネタイズを中心とした人生戦略を
解説した本です。

前書とは異なり、個人向けの話題やノウハウ
がふんだんに盛り込まれています。

著者は弁理士で国際パテント・マネタイザー
の正林真之さんです。

ちなみに、知財とは、人間の知的活動に
よって生み出されたアイディアや創作物の
うち、財産価値を持つもののこと。

代表的な例では、特許や実用新案権などです。

ところで、一般の個人が知財を持つことは
あるのでしょうか?

  「これからの時代、あなたの “宝” を
  持ち腐れにしないためには、何においても
  知財の眼が必要だ。 “宝” とは、すなわち
  現在所有している有形無形の財産を指す。
  学歴、職歴、資格、はたまた学生時代の
  部活や利き手にいたるまで、あなたを
  構成するあらゆる要素は、あなたの
   “知財” だ。
  その価値を正しく把握し、戦略的に活用し、
  正当な利益を得る。簡単なようで、
  意外と難しい。そこで役に立つものこそ、
  知財の眼なのである。」

正林さんは、知財は人生の必須科目だと
言います。

知財について学ぶことは、子どもが勉強して
学力を身につけることと同様に、未来への
投資になるのです。

では、実際にどのようにして、自分の中の
知財を蓄えて、それをマネタイズしたら
よいのでしょうか?

本書では、28年周期でライフプランを
設計することを提案しています。

まず、生まれてから28歳まで。

これは人生におけるインプット期間です。

がむしゃらに勉強して、がむしゃらに働き、
対人関係の中で「知財のタマゴ」を育てます。

相手をよく観察し、人がついてくる
話し方を身につけます。

次に、29歳から56歳まで。

神経回路に優先順位をつける期間です。

30代で副業にチャレンジするなど、
自分のポケットの中に、できるだけ多くの
武器を用意しておきます。

そして、43歳以降に専門分野を学び直し、
自分の知財のマネタイズも行います。

最後に57歳から84歳まで。

人生の黄金期で、出力装置として脳の
性能が最大化されている時期です。

人生の収穫の時期で、培った知見、
人脈などの知財をフル活用して、
アウトプットを満喫します。

少し前に、公的年金以外に老後2000万円が
必要だと話題なっていました。

しかし、28年周期のライフサイクルで
自分の知財をマネタイズできていれば、
そんな老後の心配も無用です。

豊かな老後を迎えるためにも、早い時期
から知財を意識した生き方を目指すべきです。

それがあなたの人生が、モーツアルトさん
のような貧乏な老後にならないために、
必要なことです。

個人が知財に着目する最初の一歩として、
まず本書を読むことをお勧めします。

この本から何を活かすか?

カーネル・サンダースさんは、65歳のときに
ケンタッキーフライドチキンを創業しました。

安藤百福さんは、48歳でチキンラーメンを
発明し、56歳でカップヌードルを開発しました。

どちらも遅咲きの偉人として知られています。

サンダースさんも安藤さんも、若い時に
多くのことをインプットして、人生の中期で
様々なことにチャレンジしました。

その蓄積があったから、人生の終盤で
知財をマネタイズして大きな収穫を得る
ことができたのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません