活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

異端者たちが時代をつくる (諦めばかりの現代社会を変えた6つの勇気の物語)


異端者たちが時代をつくる(諦めばかりの現代社会を変えた6つの勇気の物語)

満足度★★★
付箋数:20

  「少年Aによる幼児連続殺害事件、
  大蔵官僚接待事件 ― 1つ1つの出来事を
  思い出しながら、私はつくづく自分の
  不思議な巡り合わせを思った。
  95年には月刊『文藝春秋』のデスクと
  して、97年からは『週刊文春』の
  編集長として、 “平成という時代の核心” 
  に向かい合うことになったからだ。
  そうだ近藤誠医師が “患者よ、がんと
  闘うな” を『文藝春秋』に連載したのも、
  95年ではないか。私がもっとも敬愛する
  アスリート野茂英雄投手が勇躍、海を
  渡ったのも、95年のことだ。」

本書は、2018年まで文藝春秋の社長を
務めた、松井清人さんがまとめた、
1995年を軸とした事件やスクープの
回顧録です。

松井さんと言えば、社長を退任する時に
後任の社長人事等で揉めていたことが、
記憶に新しいところでしょうか。

松井さん自身は、社長を退き会長に就任
する予定だったようですが、内部から
反対されて断念したようです。

そして社長の後任には、『文藝春秋』や
『週刊文春』の編集長出身者が社長に
なるという慣例を破って、経理出身者を
指名しました。

さて、本書は松井さんが編集者として
関わった、6つのエピソードを
フリーライターの石井謙一郎さんが
まとめたものです。

 第1章 「オウムの狂気」に挑んだ六年
  「オウムの狂気」に挑んだ週刊文春
 第2章 「がん治療革命」の先導者
  「神の手」と呼ばれた医師との闘い
 第3章 「パイオニア」の意地と誇り
  日本人メジャーリーガーの意地とプライド
 第4章 「宗教マフィア」への宣戦布告
  統一教会の合同結婚式と著名人
 第5章 「実名報道」陰の立役者
  未成年凶悪犯、そして実名報道の葛藤
 第6章 「少年A」の両親との二十二年
  酒鬼薔薇聖斗事件を追いかけて

暗い深刻な事件が多い中で、唯一、
異色なのが、野茂英雄さんのエピソード。

この章では、江夏豊さんと野茂さんの
やり取りが収録されています。

江夏さんの野球観とピッチャー哲学。

監督との確執で、追われるように
チームから離れた体験。

たった1人でメジャーを目指した志。

こういった部分が、お二人が互いに
共感し合ったところです。

江夏さんは言います。

  「オレにとって野茂英雄は憧れなんだ。
  自分の果たせなかった夢をきっちり
  果たしてくれている、すごい男なんだ。
  おまえもオレも、一度として
   “頑張ってこいよ” という声をかけて
  もらったことはなかったなあ」

野茂さんの凄いところは、日本人として
初めてメジャーリーグで成功したこと
も快挙ですが、やはりパイオニアとして
道を切り開いた点にあるでしょう。

今でこそ、日本で活躍した選手が、
当たり前のようにメジャーに渡る時代に
なりましたが、それも野茂さんの功績が
あってのことです。

野茂さんは、古くさい因習と権威を
打ち破るために、ひたすら闘い続けた
革命児でした。

そんな姿が、江夏さんに「憧れ」
とまで言わせたところです。

この野茂さん以外のエピソードは、
なかなか重いものばかりですが、
本書は、闘い続ける人間のドラマ
としは、面白い読み物です。

個人的には、週刊文春にはあまり良い
イメージを持っていませんでしたが、
同誌が闘ってきた歴史もわかりました。

この本から何を活かすか?

オウム真理教が一連の事件を起こす前、
麻原彰晃を評価した文化人たちもいました。

  「一部の宗教学者が、麻原を宗教的に
  優れていると評価し、オウムにお墨付き
  を与えたことはさらに罪深い。
  島田裕巳、吉本隆明、山折哲雄、
  栗本慎一郎といった学者諸氏だ。
  とりわけ問題なのは、チベット仏教の
  専門家として、若い世代にも人気のある
  中沢新一氏だった。」

そう言えば、ここに名前が挙がった人
同士でも、批判し合っていましたね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3597-5f1a7caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT