活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「お前の言うことはわけがわからん! 」と言わせないロジカルな話し方超入門

2019年08月27日
コミュニケーション 0

「お前の言うことはわけがわからん! 」と言わせないロジカルな話し方超入門

満足度★★★
付箋数:20

あなたは、自分の言いたいことが、
相手に伝わらないことがありませんか?

もし、そんなことがよくあるなら、
あなたの話し方には「ロジカルさ」が、
足りないのかもしれません。

本書は、日常会話をちょっと工夫する
だけで、ロジカルな話し方を身につける
コツを紹介した本です。

著者は、ディベート・トレーナーの
別所栄吾さんです。

本書は、別所さんの6冊目の著書ですが、
今までの中で、一番噛み砕いて説明
したと言います。

実際、本書で紹介される69個のコツ
すべてが「図解」されているので、
文字を読むのが苦手な人でも、
抵抗なく読むことができると思います。

本書では、4つの切り口で、
相手に伝わる話し方を解説します。

1つ目は、「それ、根拠あるの?」と
言わせない、完璧な根拠の作り方。

根拠を示して説明するために、
「三角ロジック」で話を構造化します。

「主張・データ(事実)・理由づけ」
の3つの要素を揃えることで、
わかりにくい説明や納得のできない
説明をなくします。

ここでは、18個のコツが紹介されています。

2つ目は、「結局、なにが言いたいの?」
と言わせない、共感されるストーリーの
作り方。

「リンクマップ」を活用して、
説明を構造化します。

リンクマップとは、道筋を追って説明する
ために、情報のつながりを地図のように
したもの。

情報がうまく連続していない場合は、
「間」を埋めたり、「先」を伸ばしたり、
分岐・結合させたりまします。

ここでは、13個のコツが紹介されています。

3つ目は、「それ、あんまり興味ないかも」
と言わせない、刺さるメッセージの作り方。

適切な質問を投げかけることで、
相手のニーズを理解し、話すべき内容を
取捨選択します。

常に相手の思考の「その先」を意識して、
不要な情報を削り、情報を30秒で
「刺さる」メッセージとして伝えます。

ここでは、19個のコツが紹介されています。

4つ目は、伝わる構造の作り方。

これまでの切り口を踏まえて、いかに
相手に「効果的に伝えるか」を解説します。

ポイントは3つ。

 1. 全体の構造を伝える
 2. ポイントを示す
 3. 不要な情報をなくす

ここでは、19個のコツが紹介されています。

これら4つの切り口で、伝え方を改善すると、
相手の反応がみるみる変わるようです。

ただし、欲張って4つの切り口すべてを
いっぺんにやろうとると難しいので、
「三角ロジック」を使うところから
始めるのがいいでしょう。

三角ロジックで話を構造化しておくと、
まず、自分の中で情報がすっきり整理
できます。

そして、本当に何を伝えたいのかが
明確になります。

本書は、2019年4月にローソンブックスで
先行発売されました。

その結果をもって、一般に発売される
ことが決まったので、一定の販売実績が
あったのでしょう。

この本から何を活かすか?

相手に伝えるときは、詳しすぎてもダメ。
簡単すぎてもダメ。

その絶妙なバランスが難しいところです。

また、それが相手によっても違うところが
余計に伝えることを難しくしています。

そのため、最初に必要なのは、
相手の状況やレベルを知っておくこと。

質問したり、具体例を挙げるなどして、
相手のレベルを確かめます。

その上で、詳しすぎず、簡単すぎない
ように、相手に適切な情報量に調節します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません