活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密
一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密
(2008/07/11)
前田 出 商品詳細を見る

満足度★★★

従来の家元制度は、ピラミッドの頂点に立つために
一歩ずつ階段を上がり、長い年月をかけた修行が必要です。

本書の提唱する「新・家元制度」とは、まだ業界の歴史い分野で、
自らが業界標準を作り、短期間でインストラクター(先生)を養成して
頂点に配置し、その先生から徐々にピラミッドの裾野を広げる
手法をとります。

基本的に何かを教える一種の「教育」産業ですが、
生徒をターゲットをにするのではなく、先生をターゲットとし、
同時に養成した先生をビジネスパートナーとして、事業を拡大します。

本書の考えに共感して作られたインストラクター事業の
一例を挙げると、

  ・天然石検定
  ・健康食育マイスター講座
  ・ボディマネジメントコーチ認定講座
  ・自然暮らし検定

などがあるようですが、いずれも、「財団法人」や「社団法人」などの
組織の器を用意して、インストラクターの先生方を束ねています。

著者の前田出さんは、ホビークラフトの分野でインストラクター事業を
成功させましたが、神田昌典さんのアドバイスを受けて、
その手法を他の分野でも活用できるよう、ノウハウ化したようです。

養成された先生たちが、誇りを持って仕事ができ、
きとんと収入が得られる仕組まで作ることがポイントのようですね。

私には、本書のターゲットとするインストラクターが、
ほとんど「女性」だけという部分が、少し気になる点でした。

この本から何を活かすか?

業界の標準化を図り、質を高めるという点について
本書の考えや手法は良いと思います。

ただ、最近の検定ブームで、聞きなれない検定が増えていますから、
このまま行くと、検定や認定のデフレが進みそうです。

結局は、本当に必要とされるものだけが残ることになりますから、
事業としてやる側も、先生として参加する側も、
その部分の見極めが一番重要なポイントになることでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/359-8b2aba01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT