活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

もっと言ってはいけない

2019年08月09日
社会・国家・国際情勢 0

もっと言ってはいけない (新潮新書)

満足度★★★★
付箋数:25

  「 “人種と知能” は現代社会における
  最大のタブーだ。この話題は “人種差別” 
  と表裏一体で、ひとたび “レイシスト
  (人種主義者)” のレッテルを貼られると
  社会的に葬り去られてしまう。」

本書は、橘玲さんの大ベストセラー、
言ってはいけない』に続く第2弾。

「人種と知能」をメインテーマとして、
「私たち(日本人)は何者で、
どのような世界に生きているのか」
について書いた本です。

本書でも、いつもの橘節が健在です。

一体どこでそんなことを調べたんだと
思うような、エビデンスをこれでもかと
いうぐらい突きつけてきます。

それは残酷な真実ですが、そう言われても
どうすることもない身も蓋もない話です。

人工知能プロジェクト「東ロボくん」
で有名な新井紀子さんは、2016年に
衝撃的な調査結果を発表して、
大きな話題になりました。

それは、日本の中高生の多くは、
教科書程度の文章を読んでも
理解できていないという事実でした。

しかし、橘さんは本書の冒頭で、
それを上回るインパクトの調査結果を
引用しています。

それは「PIAAC」と呼ばれるOECD主催の
国際調査の結果です。

その調査では、私たち日本人について、
信じられない事実が示されています。

 ・日本人の1/3は日本語が読めない。
 ・日本人の1/3は数学的思考力も
  小学校3~4年生程度しかない。
 ・パソコンを使った基本的な仕事が
  できる日本人は1割以下しかいない。
 ・65歳以下の日本の労働人口の1/3は、
  そもそもパソコンを使えない。

この結果だけ見ると、日本人はどれだけ
知性が低いのかと思ってしまいますが、
事実はそれだけではありません。

  「しかし、驚きはこれにとどまらない。
  こんな悲惨な成績なのに、日本は
  OECDに加盟する先進諸国のなかで、
  ほぼすべての分野で1位なのだ。
  だとすれば、他の国はいったい
  どうなっているのだろうか。」

日本人の基礎学力が低下していると
思いきや、実は他の国と比べると、
ダントツに良い結果だったのです。

  「PIAACの衝撃的な結果はなにを
  意味しているのだろうか。
  それは、 “ずっとむかしからこんな
  ものだった” ということだ。
  一般知能(IQ)の遺伝率の高さ
  (77%)を考えれば、数世代で
  知能が大きく上がったり下がったり
  するはずはないのだから。」

本書では、人種によって知能が違う
ことを示す、多くのエビデンスを
並べて、そこから導かれる事実を
明らかにします。

それは、わたしたちの学力、年収、
老後の生活にまで、遺伝が影響している
という事実です。

また、本書でもう1つ注目すべきは、
「自己家畜化」というキーワードです。

  「日本人は世界でもっとも “自己家畜化”
  された特別な民族だ」

家畜化されることで、一般的に動物は
自然選択の圧力がかからなくなるため、
気性がおとなしくなり、服従しやすく
なるなどの傾向が見られます。

その傾向は、動物だけでなく、
人間にも当てはまるとするのが、
自己家畜化です。

自己家畜化されると、ある特定の
環境では大きく繁栄していけるものの、
それ以外の環境では、耐性がなく、
生きていけません。

日本人は高度に自己家畜化されているので、
閉ざされた世界で生きていくのが幸せ
ということなのかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書ではイギリスの認知心理学者
リチャード・リンさんが調査した
各国別のIQの一覧が掲載されています。

それによるとIQ100に達している国は
あまり多くありません。

その中でも、シンガポール110.6、
香港108.8、中国106.8、韓国106.4、
日本105.4はかなり高いIQです。

これらの東アジアのグループは、
なぜ、IQが高いのか?

橘さんは、科挙が知能を押し上げた説
などを紹介しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません