活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

2019年07月25日
時間術 0

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

満足度★★★
付箋数:24

あなたは、毎日、やりたいと思ったことが
できていますか?

本書は、邦題タイトルの『時間術大全』
からすると、時間術を網羅した本のような
印象を受けるかもしれません。

しかし、その内容はちょっと違います。

本書には87個の時間ワザが登場しますが、
それは時間を「節約」するための方法
ではありません。

原題『MAKE TIME』。

こちらの方が内容を的確に表しています。

  「1日を振り返って、 “今日はいったい
  何をしたのか?” と思うことはない
  だろうか?
  いつか―永遠に来ない “いつか” ―
  やろうと思っている計画や活動のことを
  考えて、白日夢にふけることはない
  だろうか?
  MAKE TIMEは、クレイジーなまでの
  忙しさをペースダウンする方法、
  大事なことのために時間をつくる方法
  に関する本だ。」

本書は、生産性を上げたり、時間を節約
すのではなく、大事なことに集中する
ための時間をつくる本です。

著者は、Google時代に仕事を最速化する
「スプリント」という仕事術を生み出した
ジェイク・ナップさん。

もう1人の著者は、YouTubeやGoogleで、
時間を再設計するミッションに従事
してきたジョン・ゼラッキーさんです。

お2人によって紹介されるメイクタイム
の方法は、次の4つのステップから
構成されます。

 1. ハイライト
  毎日、その日の最優先事項として
  スケジュールを確保する活動
  (=ハイライト)を1つ決めます。

  毎日「ちょうどいい目標」を置く
  ことがポイントとなります。

 2. レーザー
  レーザー光線のように集中し続ける
  ために、メールやSNSなどの気を散らす
  テクノロジーの使い方を調整します。

  一番強力で簡単な方法は、スマホから
  ソーシャル系のアプリを削除すること。

 3. チャージ
  時間と集中力を1日中コントロール
  するために、運動・食事・睡眠・静寂
  ・静寂な時間などを戦略的に利用して
  脳にエネルギーを充電します。

  時短のワークアウトを組み込んだり、
  カフェインとの付き合い方を変えます。

 4. チューニング
  システムを調整、改善するために
  1日を振り返って、寝る前に簡単な
  メモをとります。

  ハイライトの時間は作れたか、
  どのくらい集中できたかなど、
  1日の動きをメモを書いて評価します。

毎日この4つのステップをぐるぐる
回すことで、徐々にやりたいことに
集中する時間を作っていきます。

  「メイクタイムに関する限り、
  完璧は忘れよう。完璧をめざすのも
  いけない。そもそも完璧なんてものは
  存在しない。そんなことをしなくても、
  メイクタイムはしくじりようがない。
  毎日、白紙の状態から始めるから、
  いくら失敗しても問題にならない。」

問題は、このシンプルな4つのサイクル
の実行度をいかに高めていくかです。

それぞれのステップを実行するための
戦術は数多く紹介されていますから、
その中から自分に合うものを選んで、
実行するようにします。

本書の方法は、時間の使い方としては、
かなり合理的だと思います。

仕事でもプライベートでも、この方法を
続けることで、満足度は上がるでしょう。

ハイライトの時間は、朝に設定しても、
夜に設定しても構いません。

個人の特性に合わせた自由度があるので、
実行しやすいと思います。

この本から何を活かすか?

今日1日のハイライトは何にしたいのか?

毎日、この質問から1日は始まります。

ハイライトを選ぶための基準は3つ。

  基準1つめ:緊急性
  基準2つめ:満足感
  基準3つめ:喜び

この3つのどれをメインに置いて
ハイライトを選ぶかは、「直感」で
決めます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません