活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

分析力を武器とする企業

分析力を武器とする企業 強さを支える新しい戦略の科学
分析力を武器とする企業 強さを支える新しい戦略の科学
(2008/07/24)
トーマス・H・ダベンポートジェーン・G・ハリス 商品詳細を見る

満足度★★★

本書では、分析力が武器となっている企業を頂点として、
そこに至る過程として、5つのステージに区分しています。

  第1ステージ 分析力に劣る企業
  第2ステージ 分析力の活用が限定的な企業
  第3ステージ 分析力の組織的な強化に取り組む企業
  第4ステージ 分析力はあるが決定打に至らない企業
  第5ステージ 分析力を武器とする企業

最終ステージに到達する企業として、グーグル、ハラーズ、
アマゾン、キャピタル・ワンなどが紹介され、
プロスポーツ界からは、オークランド・アスレチックス、
ボストン・レッドソックスなども併せて紹介されています。

確かに、グーグルやアマゾンを利用していても、
分析力が企業の推進力の一つになっていることが分かりますし、
メジャーリーグやプロ野球を見ても、分析力がチーム力に
大きな影響を与えている様子はうかがえますね。

そもそも、「なぜ、分析力が武器となるのか?」
について、本書では以下のように説明しています。

  ・イノベーションを創出するのは以前よりはるかに難しくなっている
               ↓
  ・だから、効率化や、意思決定の最適化を図ることが大きな差になる
               ↓
  ・それを実現するのが企業の分析力である

この理論で考えると、今後はますます、分析力が企業の競争力を
左右する重要なファクターになるということでしょう。

また、企業が採用する分析のプロは、数学や統計の専門家ですから、
学生の理数系離れが危惧される日本では、海外の優秀な人材を積極的に
採用しなければ、日本企業の未来も明るくないのかもしれません。

この本から何を活かすか?

話しは全く異なりますが、投資においても
「直観か、分析か?」と聞かれれば、
私は間違いなく「分析」と答えます。

最近は、私の知人でも投資をしている人が増えてきましたが、
どうも勘や噂だけで、資金をリスクに晒す人が多いようです。

そういう人に限って、どの株や通貨を買ったらよいか、
“銘柄”を単純に聞きたがります。

私も、その都度、投資の参考になる本を紹介するようにしていますが、
あまり勉強や分析をしたくない方も多いようです。

だからこそ、本書が言うように、分析力を重視する人(企業)は
分析を軽視する人(企業)に対して優位性があるのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/357-be222fd1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT