活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

幻島図鑑: 不思議な島の物語


幻島図鑑: 不思議な島の物語

満足度★★★★
付箋数:25

著者の清水浩史さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

当ブログでは、過去に清水浩史さんの本を
4冊紹介してきました。

 ・海に癒される。
 ・秘島図鑑
 ・海駅図鑑 海の見える無人駅
 ・深夜航路

いずれも「海」と「旅」をテーマにした、
写真を多く掲載した本で、読むと必ず、
旅の虫がうずき出します。

今回、清水さんがテーマに選んだのは、
「幻島」です。

本書では、次のように定義しています。

  「幻島とは、はかなげで(人口が少ない。
  もしくは無人島、無人化島)、希少性
  (珍しい名称・フォルム、稀有な美しさ、
  知られざる歴史)のある小さな島、
  と定義したい。」

本書は、そんな日本にある17の幻島に
実際に足を運んで取材した本です。

タイトルの通り幻島の「図鑑」としても
読むことができますが、個人的には
旅行記としての魅力を感じています。

清水さんが幻島を巡ったのは、
2017年12月から2019年3月までの期間。

  「本誌に掲載した17島のうち、有人島は
  3島(六島、蕨小島、黒島)のみ。
  六島と黒島は定期航路で上陸することが
  できる(蕨小島は定期航路がないため
  海上タクシーまたは漁船)。
  一方、その他の14の無人島には
  公共交通機関は存在しないが、
  漁船を借りたり、干潮時に泳ぐか歩くか
  すれば上陸可能な島を選んだ。」

そんな日本中の幻島を巡る清水さんが、
日本最北の村である猿払村を訪れたのは、
2018年9月1日のことでした。

目指したのは、猿払村の海岸から
約500メート先に浮かぶ、周囲70メートル
ほどの小さな島。

島の名前は、「エサンベ鼻北小島」。

この島は、日本の領海や排他的経済水域
を明確にするために、2014年に名前が
つけられた小さな島です。

  「東京から北海道の網走を経て、
  猿払村の浜辺までやって来た。
  ―。ない。
  あれ、と周囲を見渡したり、
  さらに目を凝らしてみる。
  地図に記載されている
  エサンベ鼻北小島が、どこにも
  見つからない。
  ただただ青いオホーツク海が
  広がっているのみ、だ。」

実は、清水さんの訪問する前は、
誰もエサンベ鼻北小島の「消失」には、
気づいていませんでした。

つまり、清水さんがエサンベ鼻北小島
消失の第一発見者になったのです。

このスクープは2018年10月31日の
朝日新聞・社会面に掲載されました。

見出しは、「海に消えてしまった?
北海道の小島 領海狭まる恐れ」です。

この報道を受けて、海上保安庁は
実地調査を行うと発表しました。

エサンベ鼻北小島のスクープは、
本書の中では少し特殊な話しです。

他の島の紀行は、地元の人から話を
聞くなど、穏やかな旅情が感じられる
物語になっています。

  「幻島の魅力とは、いったい何だろう。
  どうして取り憑かれたように、
  17島をめぐってきたのだろう。
  幻島とは、はかなげで、希少性のある
  小さな島、と本書で定義した。
  やはりそんな泡沫のような美しさ、
  希少性に触れると、日々のうつろい
  ゆくものが見えやすくなる、
  感じやすくなる、ということに尽きる
  のではないか。」

本書は、幻島を旅することで、
日常の中にある移ろいやすいものを
見つめ直すきっかけとなる貴重な本です。

この本から何を活かすか?

本書には訪れてみたいと思わせる島が
いくつも紹介されていましたが、
最も私の興味をそそったのは、
「マルマボンサン」という名前の島。

沖縄県西表島(祖納集落)の海岸から
西方約200メートルに浮かぶ島です。

干潮時には歩いて渡れるようです。

盆栽の山のように、丸っこい形を
しているのが、名前の由来。

鑑賞したくなる、愛らしいフォルムは
非常に魅力的ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3563-11806e71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT