活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

考える教室 大人のための哲学入門


考える教室 大人のための哲学入門 (NHK出版 学びのきほん)

満足度★★★
付箋数:23

あなたにとって、哲学とは何でしょうか?

難しそうなことを考えて、とっつきにくい
学問というイメージかもしれません。

あるいは、実生活には役に立たないもの
と思っているかもしれません。

哲学とは、「なぜ」と問いかけ続け、
知識を体系化して、本質に迫る学問です。

人間にとっては根源的なものを
追求しますが、確かに難しい印象は
拭えません。

本書は、著名な哲学者の言葉や著書を
読み解きながら、自分にとっての
哲学とは何かを考える本です。

  「これから皆さんと一緒に読む、
  ソクラテス、プラトン、ルネ・デカルト、
  ハンナ・アレント、吉本隆明。
  彼ら彼女らは、行きた時代も異なり、
  実際につながりがあったわけでは
  ありません。
  しかし、五人とも時代と深く交わって
  生きた人たちです。
  机にかじりついているような人間では
  なく、行動をおこして世間と深く
  交わり合いながら、ときに批判を受け
  ながら人生を生き抜いた、世界を代表
  する哲学者、思想家たちです。」

本書では、哲学者たちの言葉を
読み解くことで、彼らの思考を辿ります。

そして、彼らの著書を読むことで、
時代を超えて、彼らと直接対話します。

  「すべて良書を読むことは、
  著者である過去の世紀の一流の
  人びとと親しく語り合うようなもので、
  しかもその会話は、かれらの思想の
  最上のものだけを見せてくれる、
  入念な準備のなされたものだ。」

これはデカルトさんの『方法序説』での
「読む」ことに関する記述です。

読書は、書き手との時代を超えた対話
であるのと同時に、自分との対話でも
あります。

読書をきっかけに、自分と向き合い、
自分の考えを深めていくことになります。

言わば、読書は自分を知るための旅。

ただし、これには注意点があります。

自分と出会うために、どんどん遠くに
行ってしまうと、自力では帰れなく
なってしまいます。

それは、結局は自分が何者であるかが
わからなくなってしまうことです。

そこで、読書という旅に出るときは、
常に「今ここ」に帰ってきて、
自分の人生を掘り下げていかなければ
なりません。

本書では、読書を通じて人生にとって
重要な問いかけを行い、自分の中の
内なる哲学者を目覚めさせていきます。

著者は、東京工業大学リベラルアーツ
研究教育院教授の若松英輔さんです。

本書では、哲学者の言葉と私たちの
日常を結びつけながら、わかりやすく
読書のガイドを務めてくれます。

本書で取り上げるのは以下の4冊です。

 ・プラトン『ソクラテスの弁明
 ・ルネ・デカルト『方法序説
 ・ハンナ・アレント『人間の条件
 ・吉本隆明『共同幻想論

そして最後に「読書ノート」をつくる
ことを推奨しています。

読書ノートは3つの手順でつくります。

 1. 心に響いた言葉を書き写す
 2. それに「表題」をつける
 3. そのときの自分の思いを添える

一冊の本を読んで書き写すのは、
一行でも構いません。

それを日付と共に書き溜めていきます。

そうすると「読書ノート」は自分の
「たましい」の航海日記になります。

本書は、難しいと思っていた哲学への
ハードルをぐっと下げてくれます。

100ページを少し超える程度のムックですが、
コストパフォーマンスが高い本です。

この本から何を活かすか?

この本はNHK出版の「学びのきほん」
という新しいシリーズからの一冊です。

「分厚い本をじっくり」ではなく、
「1テーマをわかりやすく」という方向で
創刊されたシリーズです。

古今東西の教養の「きほん」を
1テーマ1冊で学ぶことができます。

本書は、2019年7月現在、
アマゾンのKindleではわずか199円。

教養を深めるための入門書としては、
非常に手軽なシリーズになっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 04:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3557-d4b14ff9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT