活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術


1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術

満足度★★★
付箋数:19

  「私が会社を辞めて独立し、税理士業を
  始めたのは2005年です。そして今から
  13年前の2006年頃、税理士として脂が
  乗ってきた私は、1日16時間以上仕事を
  していました。
  しかし今は、1日のうち3~4時間しか
  実質的に仕事をしていません。
  これは誇張でもなんでもなく、
  本当のことです。」

本書は、仕事、環境、行動を徹底的に
見直すことで、1日の労働時間を8割減らす
ことに成功したノウハウを公開した本。

著者は、『「仕事が速い人」と
「仕事が遅い人」の習慣
』なども執筆
している、税理士の山本憲明さん。

このように紹介すると、山本さんは、
税理士で自営しているからできたのでは
ないかと思うかもしれません。

しかし、職種や働く形態に関わらず、
仕事の効率化は可能だと、山本さんは
言います。

  「ほとんどの人は “ムダな仕事” や
   “やらなくていい仕事” で時間を
  浪費しています。また、 “これを
  やらなきゃ” という仕事も、
  よくよく考えてみると単なる
   “思い込み” だったりします。
  私の経験上、 “これをやらなきゃ” 
  と思っていた仕事の大半をやめて
  しまっても、何の問題もありません
  でした。」

本書では、ムダな8割を捨てて、
重要な2割だけに集中することを
目指します。

そのために、最初にするのは
「考え方」を変えることです。

「やらなくてはならない」と思っている
仕事の大半は、実は単なる思い込み。

実際は、今やっている多くの仕事が、
「機械にまかせる」、「人にまかせる」、
「その仕事自体をやめてしまう」の
いずれかの方法で手放すことができる
と山本さんは説明します。

最初に、「やること」を決めると、
仕事がどんどん増えてしまうので、
先に「やらないこと」を決めます。

今やっている仕事を棚卸しして、
ムダな8割と重要な2割を把握します。

レコーディングダイエットのように、
2週間から1ヶ月くらいの期間、
詳細な行動記録をつけながら
仕事をすることが勧められています。

これは仕事だけでなくプライベート
でもやってみると、日頃なんとなく
やっているムダなことが浮かび上がり、
やらなくなっていきます。

例えば、ことあるごとにスマホや
SNSをチェックしてしまう人。

チェックするたびに記録するので、
それが面倒で回数が自然と減って
いくようです。

また本書では、働いてお金をもらう
時給感覚とは、逆の考えを持つことを
推奨しています。

それは、「時間を使ってお金を得る」
のではなく、「お金を使って時間を
増やす」という考え方。

この考え方に変えると、今までよりも、
良質な人生が送れるようになる。

個人的には、本書のノウハウよりも、
考え方の方が役に立ちました。

 第1部 仕事と人生の「ムダな8割」
    を徹底的に手放す
 第1章 身のまわりの「ムダ」を洗い出す
 第2章 あなたのまわりは「ムダなモノ」
    だらけ
 第3章 あなたの1日は「ムダな時間」
    だらけ
 第4章 あなたの頭の中は
    「ムダな気持ち」だらけ
 第5章 あなたの仕事を邪魔する
    「ムダな言葉」を手放す
 第2部 「重要な2割」を徹底的に磨く
 第6章 言葉の使い方を変えて思考を磨く
 第7章 仕事の使い方を磨いて
    仕事の質を上げる

この本から何を活かすか?

本書で、手放すことが勧められて
いたのは、以下の言葉です。

 「だと思います」、「○○みたいです」、
 「いいんじゃないの」、「とりあえず」、
 「考えてみます」、「忙しい」、
 「申し訳ありません」などなど。

こられは、つい使ってしまいがちな、
仕事の邪魔をする言葉です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3544-8a25fc76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT