活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て


頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

満足度★★★
付箋数:22

著者の小川大介さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

多くの親は、子どもに「頭のいい子」に
育って欲しいと願います。

しかし、親が育ってきた時代の「頭のよさ」
と、これからの時代の「頭のよさ」が
違うことに、多くの親は気づいていません。

今の親世代が、子どもの頃、頭のよさは、
「知識量」「問題処理の速度」「正確さ」
の3点で測られていました。

つまり、「みんなができること」を
「みんなよりも多く、速く、正確に」
できることが求められていました。

しかし、時代は変わりました。

これからの時代、「みんなができること」
は、AI(人工知能)が誰よりも多く、
速く、正確に処理してくれるように
なります。

そのため「みんなができること」よりも、
「誰にも負けない自分ならではの強み」を
持つことが、求められるよになります。

これからの時代における「頭のいい子」
とは、「自分の強みを社会で発揮できる」
子と言えるのです。

では、そんな子にはどうしたら育てる
ことができるのでしょうか?

その親の疑問に答えるのが本書です。

著者の小川大介さんは、中学受験のプロ
として、これまで5000組以上の面談を
行ってきました。

その中で、見つけた子育ての秘訣を
本書で公開します。

最大の秘訣は、本書のタイトルにも
なっている、「見守る」子育てです。

多くの親は、親の目から見て教育に
よさそうなものを「与えすぎ」ている
と小川さんは指摘しています。

具体的には、小学生のわが子の放課後
の時間を、習い事で埋め尽くしている
ケースです。

与えすぎは、子どものエネルギーを奪い、
伸び悩み、苦労する傾向になりがち。

習い事は、詰め込みすぎずに、
子どもが夢中になれるものに絞って、
「一点豪華主義」にした方がいい
ようです。

忙しすぎると、心が動かなくなるので、
子どもには自由に考えを巡らせる
時間を与えるべきと小川さんは言います。

ここで言う、「一点豪華主義」とは、
1つの習い事にお金をかけるという
意味ではありません。

かけるべきものは、お金ではなく、
「親の関わり」です。

また、「与えすぎ」はよくありませんが、
本書では「与えたほうがいいもの」も
3つ挙げています。

1つ目は、「勉強するのが当たり前」
という考え方。

勉強したら、世の中についてわかること
が増えて、毎日が面白くなると親自身が
理解し、子どもに伝えることが大切です。

2つ目は、「情報を取り入れる技術」。

知りたいという気持ちを満たすために、
自分で必要な情報を必要なだけ
得られるように、取り入れ方を教える
必要があります。

3つ目は、「環境に出会うチャンス」。

知らないものは、興味の持ちようが
ないので、新しい環境に出会う
チャンスを親が作ってあげるように
します。

本書では、親ががんばり過ぎないで、
子どもが伸びる「見守る子育て」を
具体例を挙げながら、わかりやすく
解説します。

果てして、本書の方法は本当に効果が、
あるのか?

そう思った方は、ご安心ください。

小川さん自身が、本書の方法を実践し、
息子さんが2019年の中学入試で、
灘中・開成中・筑波大付属駒場中の
すべてに合格したそうです。

子どもの能力を伸ばすには、
「9歳前後まで」の育ち方が最も重要
だと言われます。

小さいお子さんのいるご家庭では、
親の関わり方として、参考になる本
だと思います。

この本から何を活かすか?

山口県で長く教育に携わった、
緒方甫さんの「子育て四訓」が
本書で紹介されていました。

 1. 乳児はしっかり肌を離すな
 2. 幼児は肌を離せ 手を離すな
 3. 少年は手を離せ 目を離すな
 4. 青年は目を離せ 心を離すな

親が取るべき、子どもとの距離感が、
絶妙に表現されている言葉ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2019/06/10 18:05 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3539-e716423a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT