活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

いつも目標達成している人の読書術

いつも目標達成している人の読書術
いつも目標達成している人の読書術
(2008/09/03)
丸山 純孝 商品詳細を見る

満足度★★★

  「特にビジネス書を読む目的といえば、
  最終的に『行動』につなげて『結果』を残すこと」

著者の丸山純孝さんは、こう述べていますが、
まさに、このブログのテーマとピッタリです。

私は購読していないので、詳しく知りませんが、
丸山さんの書評メルマガ「エンジニアがビジネス書を斬る!」は、
読者が約3万人の、日本有数の規模を誇るそうです。

さて、本書の内容は、
読書の目的、良い本の見つけ方、時間の作り方、多読のすすめ、
アウトプットのすすめ、目標達成の仕方、おすすめビジネス書など。

最近、こういった内容の本を見かけることが多くなりましたが、
本書は必要な内容が一通り網羅されていますから、
これから「(ビジネス書の)多読」を始めたいと思う人には、
ちょうど良い水先案内人になってくれるでしょう。

本書で、丸山さんも「多読」を勧めていますが、
どの程度を多読というかは、人によってイメージが異なります。

私自身は、通常1日1冊と決めている(あまり読み過ぎないように)ので、
1日3冊以上読むと、多読という感じがしますね。

あと、本書で「図書館は使うべきか否か」というテーマで、
丸山さんは、時間制限の目安とするならOKという見解を示しています。

よく、この手の本で、「本は必ず購入せよ」という意見の
著者がいますが、それから比べると柔軟な考えです。

買うか、借りるかでどちらが費用対効果が高いかは、
その人の利用の仕方や、条件によっても変わるでしょう。

私自身は、子供が読む本の調達に、図書館は欠かせないと思っています。

この本から何を活かすか?

丸山さんは、「ブックギフトを贈る」ことを勧めています。

私は購入した本を、BOOKOFFに持っていくとが多いのですが、
去年くらいから、人に譲る機会が多くなっています。

当初は、自分で読了して置く場所がないから、
なんとなく人にあげるというスタンスでした。

しかし、その人の性格や興味のある分野を考えて、
本を選んであげるようにしてから、がぜん反応がよくなりましたね。

知り合いで、誰も読みたそうな人が思い浮かばない場合は、
図書館に寄贈するというのも、一つの手かもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 10:24 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございました

ご紹介いただきまして
ありがとうございました。

> 買うか、借りるかでどちらが費用対効果が高いかは、
> その人の利用の仕方や、条件によっても変わるでしょう。

まさに!そのとおりです。
押しつけるのではなく、いろんな提案から
自分にあうものを選ぶのがいいのではないかと思っています。
 +今回の本を書きながらその前提を思って書いていました。


このたびはありがとうございました。

| 丸山 純孝 | 2008/09/28 13:10 | URL | ≫ EDIT

丸山純孝さん

こちらこそ、Picjup記事として拾っていただくばかりか、
わざわざコメントをいただき、ありがとうございました。

私は本書を読んで、丸山さんの柔軟性と吸収力の高さに
学ぶべき点を多く感じました。
次作も、期待しています。

| ikadoku | 2008/09/29 11:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/353-2bfb5cc8

TRACKBACK

いつも目標達成している人の読書術 丸山 純孝

今回のフォトリーディングのターゲットは、丸山 純孝さんの『いつも目標達成している人の読書術』です。 いつも目標達成している人の読書術 著者の丸山 純孝さんは、ビジネス書の書評のメルマガ 「エンジニアがビジネス書を斬る!」の発行者。発行部数は 3万だそうで、書..

| フォトリーディング@Luckyになる読書道 | 2008/10/03 13:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT