活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術


自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

満足度★★★
付箋数:21

あなたにとっって、最大のストレスは、
何でしょうか?

いつも無茶ぶりをしてくる上司。
何を考えているかよくわからない同僚。
態度が悪く、言うことを聞かない部下。

多くの人にとって、ストレスの最大の
要因は「人間関係」です。

どうしたら、他人に振り回されることなく、
ストレスフリーでいられるのか?

本書は、その問いに答える本です。

  「この本は、職場などの生活圏、ネット、
  社会のいたるところに普遍的に存在する、
   “他人を攻撃する迷惑な人” と賢く
  距離を取り、スルーする方法について、
  僕自信が普段やっていることをお伝え
  するものです。」

著者は、鋼のメンタル王とも言われる
ひろゆきさん。

ひろゆきさんは、どんなにネット上で
叩かれても、2ちゃんねる関連で多くの
訴訟を抱えていても、全然気にしている
ようには見えません。

他人から何を言われようと終始マイペース。

いったい、ひろゆきさんは、どのように
自分のメンタルを維持しているか?

  「僕は、周囲にいる人たちを基本、
   “見下しモード” でながめています。
   “自分は自分、バカはバカ” と考える。
  このモードでいると、他人に攻撃
  されてもそんなに気にならず、
  ストレスフリーで過ごすことができます。」

職場では、誰か一人が集中攻撃される
場合があります。

いわば、スケープゴートにされる状態。

あなたが、スケープゴートにされない
ために、ひろゆきさんが勧めるのは、
物理的に「一歩前に」出ること。

  「人間って普通、相手に攻撃されると
  後ろに下がってしまいます。
  後ろに下がると、攻撃側はさらに
  殴る蹴るを加えてくる。
  だけど、攻撃された人が一歩前に
  出ると、攻撃側は思わずひるんで
  しまうというわけです。」

上司や先輩に怒られたり、攻撃されたら、
言い返そうとしてはいけません。

あくまで、謝りながら、物理的に前に出て、
相手との距離を詰めていくのです。

イジメようとする側にとっては、
予想外の行動を取られると、生理的に
恐怖感を覚え、イジメのターゲットを
変えるようです。

そして、ひろゆきさんは、これからの時代、
本当に資産価値のある個人とは、
メンタルスキルに秀でた人だと言います。

  「僕は、こらからの時代に生き残るのは、
  資格みたいな “目に見えるスキル” を
  たくさん持った超優秀な人ではなく、
  そこそこ仕事ができて周りに気に入
  られる、 “目に見えないスキル” 、
  メンタルスキルに秀でた人だと思って
  います。」

目に見える優秀なスキルを持った人より、
「ダメなヤツだけど、憎めない」くらいの
ポジションになるのが丁度いい。

そのためには、戦略的なキャラ作りが
欠かせません。

普段から、「有休をきっちり取る人」
というキャラを作っておくと、
有休を取っても、いちいち目くじらを
立てられなくなります。

上司から無茶ぶりされても、いつも
「無理っす」と言うキャラなら、
うまく仕事を断ることができるのです。

このとき、断る理由を説明しては
いけないようです。

ひろゆきさんが言っいることをすべて
実践することは難しいかもしれませんが、
その視点を少しだけ取り入れると、
自分を追い込まなくてよくなります。

この本から何を活かすか?

ひろゆきさんは、給料を上げるスキル
より大事なこととして、「自分の維持費を
上げない」ことを挙げています。

給料が上がると、生活費レベルもつい
上げてしまう人は多いもの。

それより、ムダなものを一切買わないで
生活できるスキルを持っていた方が、
結果的に貯金も増えるし、人生の選択肢が
広がります。

そんな考えで、ひろゆきさんは飛行機に
乗る際は、ビジネスクラスではなく、
エコノミークラスに乗るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3529-a8babf15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT