活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プレゼン資料のデザイン図鑑


プレゼン資料のデザイン図鑑

満足度★★★
付箋数:25

  「ビジネスにおいて、プレゼンは必須の
  スキルです。(中略)
  そして、プレゼンの巧拙を決めるのは
   “話し方” ではなく、 “資料(スライド)” 
  です。プレゼン資料は、プレゼン本番の
  シナリオのようなもの。ポイントを
  押さえた資料をつくることができれば、
  本番ではシナリオに沿って話すだけでOK。
  どんなに口下手でも、自信をもって話す
  ことができます。そして相手が納得するに
  足る情報を、効果的に伝えるスライドが
  あれば、必ず結果は出るのです。」

このように語るのは、かつてソフトバンクで
孫正義さんのプレゼン資料を作っていた
前田鎌利さんです。

本書は、400枚を超えるスライドの実例を
載せた、デザイン図鑑です。

プレゼン資料を作成する上では、
大きく2つのポイントがあります。

1つ目は、資料をどのような構成で
組み立てるかということ。

2つ目は、1枚1枚のスライドをどのように
作っていくかということ。

1つ目のポイントについては、鎌田さんの
過去の2冊の著作で詳しく解説されています。

  『社内プレゼンの資料作成術
  『社外プレゼンの資料作成術

大好評だった2冊の作成術本でしたが、
実際にスライドを作るときに、
具体的にどのようにすればいいのか
という声もあったようです。

そこで2つ目のポイントをカバーする
ために、書かれたのが本書です。

プレゼン資料作成の経験がある方は、
本書だけでも十分参考になりますが、
あまり経験のない方は、前著から順番に
読む方ことをオススメします。

本書は、全128パターンについて、
BeforとAfterのスライドが、カラーで
掲載されています。

そのまま本書を真似すればいいので、
手の届くところに置いておくと、
かなり便利だと思います。

また、横型の本で、見開きで1テーマを
確認できるので、開いたままの状態で
パソコン操作ができるように作られて
いるのが有り難いところ。

ただし、鎌田さんは本書を使う際の
注意点を1つ挙げています。

それは、プレゼン資料は企業文化に
よって異なるということです。

  「私は、本書で紹介したノウハウが
   “絶対的なもの” とは考えてはいません。
  それぞれの企業文化に合わせて、
  本書のノウハウを適宜アレンジしながら、
  現状のプレゼン資料を改善する参考に
  していただければと願っています。」

本書で紹介されているスライドは、
外資系のプレゼン本で紹介される
スライドとは若干印象が異なります。

どちらが良い、悪いということではなく、
それこそ企業文化、あるいは好みの違い
なのでしょう。

正直、外資系プレゼン本のスライドの
方が、もう少しスマートな感じがします。

しかし、見た目のカッコ良さよりも、
相手を動かす力強さはこちらの方が上。

そこは、鎌田さんが、孫正義さんに
鍛えられた経験値なのだと思います。

多くの国内企業では、本書を参考にして、
プレゼン資料を作った方が、成功率は
高くなるはずです。

本書は、Kindle版・電子書籍版も
ありますが、個人的には紙の本の方が
使いやすいと思いました。

この本から何を活かすか?

本書では、プレゼンの仕方についても、
簡単にアドバイスが書かれています。

  「人前に出ると緊張してうまく話せません。
  どうすればいいですか?」

この質問に対して、鎌田さんは次のように
回答しています。

  「最低30回は練習してください。
  そして、場数を踏んでください」

徹底した練習に勝るものはありません。

数回練習して、「本番は、なるようになれ」
では、やはり上手くいかないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3522-ecdf4adb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT