活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ブライアン・トレーシーの 話し方入門

ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力
ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力
(2008/07/17)
ブライアン・トレーシー 商品詳細を見る

満足度★★★

デール・カーネギーさんの著書にも、
「話し方入門」というのがありましたが、
この本の著者は、ブライアン・トレーシーさんです。

トレーシーさんは、人に感銘を与えるようなスピーチの秘訣は何か?
と聞かれるといつも、

  「まず、準備だ」

と答えるそうです。

ですから、本書を読んだからといって、
すぐに話し方が上手くなるわけではありませんが、
本書には、人を魅了するスピーチをするために、
「何を準備して、どう練習するか」が、細かく記されています。

文章の組み立て方、伝える技術、精神面、会場の準備・・・

46カ国で4千回以上の講演を行い、500万人以上の人々に
話をしてきたトレーシーさんの、“徹底した準備へのこだわり”が、
本書から感じ取れます。

一つ一つ積み上げていく地道な努力が、
感動的なスピーチを生んでいるということなんですね。

またトレーシーさんは、

  「コミュニケーションで素晴らしいのは、
  行うことで下手になることはないということだ。」

とも説明していますから、徹底した準備をした後は、
どんどん実践をすることが、
話し方がうまくなる一番の近道ということなのでしょう。

上手な人のスピーチ例を、音で学べるという点で、
大串亜由美さんの「研修女王の最強3分スピーチ(CD付き)
を併せて読むと、もっと高い学習効果が得られると思います。

この本から何を活かすか?

サラリーマン時代は、人前で話す機会も多かったのですが、
今は、その機会もかなり少なくなって、ちょっと不安があります。

来月、たまたま、人前で話しをする機会がありますから、
トレーシーさんお勧めの、
「自分の声を録音して聞く」という事前準備を行うことにしました。

内容ばかりでなく、発音、口調、ペースなども
しっかりチェックしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/352-bbd09dbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT