活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

人生は攻略できる


人生は攻略できる

満足度★★★
付箋数:20

  「この本では、人生をロールプレイング
  ゲームだと考えて、 “君たちはこれから
  どう生きるか” を考える。
  ――というと、 “人生はゲームだなんて
  冗談じゃない” と怒られそうだ。
  これはもちろんそのとおりで、人生に
  必勝法があれば誰も苦労しないわけ
  だから、そんなのはウソだとすぐに
  わかる。でも、人生とゲームが
  まったく似ていないわけじゃない。」

本書は、「幸福」になるための「人生」
というゲームの攻略本。

必勝法ではないものの、幸福になる確率を
上げるために、「やった方がいいこと」と
「やってはいけないこと」が書かれて
います。

本書は、ライターの大隅光彦さんが
ベストセラー作家、橘玲さんへ行った
インタビューをもとにまとめられた本です。

本書での、「幸福」の定義は、
次の2つにまとめられています。

 1. 好きなことを夢中でやって、
  いまが楽しい

 2. あとから振り返って、「幸福だった」
  と思える

そして、幸福な人生をおくるために必要な
土台として、「お金(金融資本)」と
「仕事(人的資本)」、「愛情・友情
(社会資本)」の3つを挙げています。

つまり、人生とは幸福というゴールを
目指すために、いかにして金融資本、
人的資本、社会資本の3つのアイテムを
効率よく集めるかのゲーム。

これが、橘さんの基本的な考えです。

結論としては、人的資本は「好きなこと・
得意なこと」に一極集中する。

金融資本は、グローバルマーケットに
分散投資する。

社会資本は小さな愛情空間・友情空間と、
広大な貨幣空間のネットワークに
分割する。

人生というゲームは、これで攻略できる
確率が上がります。

  「これまで何冊か人生設計について
  書いてきたが、ここではそれを若い読者
  に向けてシンプルにまとめてみた。
  ここで述べたことはすべて証拠
  (エビデンス)があるが、煩わしく
  なるのでいちいち出典は示していない。
  詳しいことを知りたければ、
  以下の本を読んでみて欲しい。」

詳しく学ぶための推薦本として
挙げられているのは、いずれも橘さんの
過去の著書です。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
臆病者のための株入門
臆病者のための億万長者入門
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
言ってはいけない
もっと言ってはいけない
幸福の「資本」論
専業主婦は2億円損をする
「読まなくてもいい本」の読書案内
80's エイティーズ

要するに、本書は橘さんの過去の本の
いいとこ取りをした、総集編のようなもの。

橘さんの人生論を、本書を読むだけで、
短時間で知ることができます。

新しい論点は出てきませんが、橘さんの本
を初めて読む若い読者には、ちょうどいい
橘ワールドの入門編です。

私は、これまで橘さんの本を読んだこ
とのない人に、その考え(結論)を
伝えるのに、結構、苦慮してきました。

本書は、「まず、これ読んで」と
一冊だけ渡せば、すべて伝わるので、
その意味では、非常に有り難い本でした。

最近知り合った20代の知人に、
本書を渡そうと思います。

この本から何を活かすか?

  「宝くじは税金とよく似ているが、
  消費税や所得税などどちがって
  国民全員に課税されるわけではない。
  宝くじを通じて、 “税金” を納めて
  いるのは、確率を正しく計算できない
  ひとだけだ。そのため経済学では、
  宝くじは “愚か者に課せられた税金” 
  と呼ばれている。」

宝くじを買うのはもちろんですが、
「よく当たる売り場」などと言っている
人は、確率が計算できない最たる例です。

期待値がマイナスのゲームに
参加する回数が増えれば増えるほど、
負ける確率が高くなる。

この事実を意識していない人が、
あまりに多いことに、いつも驚かされます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3513-6c5dbd2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT