活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ


NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

満足度★★★★
付箋数:26

あなたは、ニューパワーか?
それとも、オールドパワーか?

本書は、今、世の中で起こっている
新たしい「潮流」を説明する本です。

「ニューパワーVSオールドパワー」という
対立概念を使って読み解きます。

まずは、患者と医者の実話を1つ紹介します。

医師はコンピューターから目を上げ、
怪訝な顔で言いました。

 「いったいどこでそんな言葉を覚えた
 んです? 医師の使う専門用語ですよ。
 あなた、医学部にでも通ったんですか?
 これ以上、余計なことをネットで調べる
 つもりなら、もうあなたのことは
 患者として診れません」

それまで女性患者は、自分の症状に対して、
「ぼーっとする」という表現を使って
いました。

しかし、この日、患者は自分の身に起きた
のは「二次性全身性強直間代発作」だと
思う、と医師に伝えました。

この病名が医師の気に障ったのです。

この患者が自分の症状について調べたのは
「ペイシェンツ・ライク・ミー」という
オンライン患者コミュニティでした。

このサイトは、会員数が50万人超、
疾病の種類は2700以上にもなっていて、
素人でも専門知識を活用できる
巨大なコミュニティです。

医師はオールドパワーの作用する世界で
生きています。

専門知識を習得するために、厳しい訓練を
積み重ねてきました。

しかし、彼らは医学知識を独占するのに
慣れてしまいました。

難解な専門用語を操り、一般人には
理解不能な処方箋を書いているうちに、
患者から遠ざかってしまったのです。

一方、患者はニューパワーを発見しました。

自分の症状を改善するために、
個人のデータを共有し、意見交換し、
励まし合いました。

ときには、医学論文を紹介し合い、
クライドソーシングで治験まで実施する
ようになったのです。

患者はオールドパワーで閉ざされていた
世界で、ニューパワーを手に入れたのです。

  「本書のテーマは、2つの大きな力の
  せめぎ合いと均衡を特徴とする世界に
  おいて、しっかりと歩を進め、
  たくましく成長するための方法を
  探ることだ。その2つの力を、
   “オールドパワー” と “ニューパワー” 
  と呼ぼう。」

オールドパワーは、貨幣(カレンシー)
に似ています。

少数の人が力を握り、リーダー主導型。

また、ダウンロード型で閉鎖的な
特徴を持ちます。

一方、ニューパワーは潮流(カレント)
に似ています。

その力は多くの人によって生み出され、
仲間主導型です。

また、アップロード型で開放的な
特徴を持っています。

本書では「価値観」と「ビジネスモデル」
の2軸マトリックスで、現在の企業や組織、
リーダーがどこに位置するかを示しながら
その概念を説明します。

そして、ニューパワー使い方を伝授する
ことを最終的な目的としています。

・どうすれば大勢の人が飛びつき、
 盛り上げ、拡散してくれるアイディアを
 生み出せるのか?

・集団との結びつきがますますゆるく
 一時的になっていく時代に、どうすれば
 大勢の人が長く所属したがる場を
 つくれるのか?

・新旧のパワーをどのように使い分け、
 どんなときに両方を組み合わせるべきか?

・オールドパワーのほうがよい結果を
 もたらすのは、そんなケースか?

本書では、世界を大きく変えている
パワーシフトの全容が、非常にわかりやく
解説されています。

読む価値のある、非常に良い本でした。

この本から何を活かすか?

本書の主張は、オールドパワーが完全に
廃れ、ニューパワーに取って代わられる
というものではありません。

実は、オールドとニューの2つのパワーの
ブレンドが凄まじい力を生むとしています。

ですから、私たちに求められているのは、
新旧2つのパワーのスキルを身につける
ことなのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3486-ffe50717

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT