活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

離職率75%、低賃金の仕事なのに才能ある若者が殺到する 奇跡の会社 スチューデント・メイドだけが知っている社員全員で成長する方法


離職率75%、低賃金の仕事なのに才能ある若者が殺到する 奇跡の会社 スチューデント・メイドだけが知っている社員全員で成長する方法

満足度★★★★
付箋数:26

ダイヤモンド社の木山さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたが、成績優秀な大学生だと想像して
みてください。

あるいは、あなたのお子さんが、成績優秀な
大学生だと想像してもいいでしょう。

さて、その成績優秀な大学生は、
きつい、汚い、危険、のいわゆる3K職場
の代表とも言える「清掃」の仕事を
したいと思いますか?

もちろん、低賃金の仕事です。

恐らく、ほとんどの人は、優秀な学生が
清掃の仕事を自ら進んでやる姿は、
想像できないでしょう。

では、逆の立場で想像してみてください。

もし、あなたが清掃を頼む側だったら、
どうでしょうか?

  「ハウスクリーニングをお探しですか?
  どこにも負けないサービスとお値段
  フロリダ大学の学生が1件丸ごと99ドルで
  きれいにします。逮捕歴、前科なし。
  品行方正。毎学期、学部長表彰。
  GPA3.8。すぐにうかがいます。」

ちなみに、GPAとはアメリカで使わている
学生の成績平均値で、3.8はめちゃくちゃ
優秀な数値です。

こんな清掃の広告を見ると、頼んでみよう
かな、という気になってきませんか?

本書は、フロリダの清掃サービス会社
「スチューデント・メイド」を立ち上げた
若き女性創業者兼CEOの物語。

その創業者兼CEOが、本書の著者でもある
クリステン・ハディードさん。

なぜ、給料が高くない清掃という仕事に、
優秀な学生たちは、懸命に取り組むように
なったのか?

なぜ、成績上位者しか受けつけない
スチューデント・メイドには学生たちの
応募が殺到するのか?

いかにして、スチューデント・メイドは、
感動の顧客ストーリーを生み出す
「奇跡の会社」となり得たのか?

実は、この会社、ハディードさんが
フロリダ大学の学生だったときに、
自分のジーンズを買う目的で、
何も考えずに、始めた会社です。

というより、1回こっきりのつもりで、
募集広告を出したのがきっかけでした。

そんな軽い感じで始めた仕事だったので、
最悪の結果から本書の物語は始まります。

ハディードさんが雇った60人の学生のうち、
45人が同時に詰め寄ってきて、
「私たち、辞めます」と告げられます。

  「私は起業の基本も、ハウスクリーニング
  が魅力の乏しい業界だということも
  知らなかった。45人が立ち去った
  あの日は、私がリーダーとして直面する
  数々の前触れにすぎなかった。
  壁は高くなる一方だった。
  それでも時間と忍耐とたくさんの失敗を
  重ねながら、私はようやく、不意の試練
  にも立ち向かう心構えを学んだ。」

さすがに、ハディードさんも起業してすぐ、
これが「最悪のビジネスモデル」だと
気がつきます。

しかし、この条件でやると決めたので、
仕方がない。

そこから、数々の失敗のを続けることに
なります。

本書の原題は『Permission to Screw Up』。

直訳すると、「しくじりの許可」ですから、
テレビ朝日の番組『しくじり先生』に近い
イメージかもしれません。

自分が不完全であることを認め、
失敗のオンパレードを続けながらも、
成長を続ける、ハディードさんと学生の
メンバーたちの物語は感動を呼びます。

スチューデント・メイドの数多くの失敗は、
生き生きと語られていて、何より物語として
非常に引き込まれました。

笑いと涙と失敗の実話が持つパワーです。

そして、真のリーダーとはどうあるべきかが
リアルに伝わってきます。

世界的なCEOたちが、こぞってハディードさん
の話に耳を傾けるというのも納得の内容でした。

この本から何を活かすか?

仕事で効果的にフィードバックするときには、
「FBI」の3点を意識するといいようです。

【Feeling】
 フィードバックする側はどんな気持ちか

【Behavior】
 どんな振る舞いがそんな気持ちにさせたのか

【Impact】
 その振る舞いがどんな影響を与えているのか

気持ち、振る舞い、影響の頭文字を取って、
「FBI方式」のフィードバックといいます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3479-8edcdbbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT