活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

宇宙の覇者 ベゾスvsマスク


宇宙の覇者 ベゾスvsマスク

満足度★★★★
付箋数:25

  「30年前、パーソナルコンピュータ革命が
  起こって、何百万もの人々がコンピュータの
  力を手に入れると、人類が潜在的に
  持っていた能力が無限に引き出され始めた。
  20年前、ウェブ時代の到来とそれに続く
  スマートフォンの普及では、何十億もの
  人々が地理的にも商売でも、制約から
  解放された。
  そして今、地球低軌道へのアクセスの
  拡大で、同じような革命的な変化が
  生まれようとしている。」

このように語るのは、マイクロソフトの
共同創業者であるポール・アレンさんです。

インターネットの次の革命は、「宇宙」で
起ころうとしています。

宇宙と言えば、個人的に一番ドラマチック
だと思うのは、アポロの月面着陸ですね。

船長ニール・アームストロングさんと
操縦士エドウィン・オルドリンさんは、
アポロ11号で月面に21時間30分滞在しました。

人類史上初の月面着陸に成功したのは、
1969年のこと。

米大統領ジョン・F・ケネディさんは、
1960年代中に人間を月に到達させると宣言し、
10年足らずでその公約を果たしました。

このアポロ計画の偉業を知っている世代は、
子供の頃に思ったはずです。

当時の科学技術で月面着陸ができたなら、
すぐに月面に基地ができ、次は火星旅行も
実現するのではないかと。

しかし、1972年にアポロ計画終了後、
有人の宇宙進出に関して人類は、
それ以上の大きな進歩はありません。

  「アポロが最高到達点だったなんてことには
  したくなかった。将来、子どもたちに
  これが精一杯だったなんていいたくない。
  わたしは子どもの頃、月に基地ができる日や
  火星旅行が始まる日を心待ちにしていた。
  それがそうならず、進歩が止まってしまってる。
  こんなに残念なことはない。」

こんな想いから、本気で火星への移住計画を
実現しようとしているのは、スペースX社の
共同設立者のイーロン・マスクさんです。

マスクさんは、猪突猛進する実行力で
宇宙革命を牽引しています。

そして、人類が大きな進歩を遂げる時には、
強力なライバル関係が必要です。

マスクさんの宇宙開発のライバルとなるのは、
アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスさんです。

ベゾスさんは、有人宇宙飛行事業を目的とする
民間企業ブルーオリジンを立ち上げ、
垂直離着陸機などの開発を行っています。

今、人類の宇宙革命競争を牽引するのが、
マスクさんとベゾスさんのライバル心です。

  「この物語(宇宙探査)を活気あるものに
  しているのは、新しい宇宙開発を引っ張る
  マスクとベゾスのあいだに芽生えた競争心だ。
  ふたりの対抗意識は訴訟やツイッターの発言、
  それぞれのロケットの着陸の意義や推力を
  めぐる論争、さらには発射台の争奪戦と
  なって表れる。猛烈に突っ走る “兎” 
  イーロン・マスクと、秘密主義でゆっくり
  進む “亀” ジェフ・ベゾス。
  先行するのはマスクだ。ただしレースは
  始まったばかりで、ベゾスに慌てるようすは
  ない。一歩一歩、着実に前進を続けている。」

本書は、2人の億万長者、マスクさんと
ベゾスさんを中心とした、現在進行中の
宇宙開発の物語。

他に、冒頭に言葉を紹介したマイクロソフトの
ポール・アレンさんと、ヴァージングループの
リチャード・ブランソンさんが登場します。

4人の億万長者が繰り広げる、宇宙開発競争の
過程を描いたノンフィクション。

入念に取材をして本書を執筆したのは、
ワシントンポスト紙の記者で宇宙・防衛産業を
担当するクリスチャン・ダベンポートさんです。

宇宙開発のエピソードが十分詰まっていて、
新時代の幕開けの興奮が感じられる力作です。

この本から何を活かすか?

  「ベゾスは5歳のとき、アームストロングが
  月面を歩くのを見た。マスクはそのとき、
  まだ生まれていなかった。しかしふたりは
  並外れた資産と野心によって、冷戦時代の
  宇宙競争を再演していた。かつての米ソの
  役割を演じるこのふたりの宇宙の覇者には、
  数十年前のアポロ計画の後継者たらんとする
  意気込みがあった。ふたりを競争に駆り立てて
  いるのは、戦争や政治ではなく、金とエゴと
  冒険心、それに人類の宇宙進出の先陣をなす
  という千載一遇のチャンスだった。」

確かに、いまのところ先行しているのは
マスクさんです。

しかし、アマゾンの支配力を持ってすれば、
ベゾスさんが宇宙開発の歴史に、
名を残す可能性は十分にあるように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3465-a289e065

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT