活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS


疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS (できるビジネス)

満足度★★★
付箋数:17

あなたは、1日何時間ぐらいパソコンの
操作をしますか?

一般的なビジネスパーソンなら、少なくとも、
毎日数時間はパソコンに触れているでしょう。

事務系の仕事の方なら、ほとんど1日中、
パソコンで何らかの作業をしているはずです。

現在のビジネス環境では、
パソコンでの作業は必須です。

そして、パソコンに向かい合う時間が
長くなればなるほど、肩こりや目の疲れなど、
身体的疲労が、徐々に蓄積していきます。

  「本書では、業務の効率化だけでなく、
   “どうすれば疲れないのか” をテーマに、
  パソコン操作のテクニックを紹介しています。」

著者は、PCやスマートフォン関連の記事を
執筆する機会が多いテクニカルライターの
小枝祐基さん。

パソコンのタッチパッドジェスチャーと
ショートカットキーを駆使して、日々、
操作を楽にするためのワザを追求している
ようです。

「疲れないためのパソコン技」といっても、
1つ1つのテクニックで、劇的に負担が軽くなる
わけではありません。

ちょっとずつ、負担やストレスを軽減する
技を積み重ねて、総合的に疲れないPC環境を
整えていきます。

ショートカットキーの使用が絶対ではなく、
マウス操作の方が負担がかからない場合は、
そちらが推奨されています。

本書で紹介されているテクニックは、
パソコンスクールなどでは、一番最初に
基本として教えることかもしれません。

しかし、毎日、当たり前にパソコンを使って
仕事をしていくうちに、変な癖がついたり、
忘れてしまっていることもあると思います。

まずは、マウスを置く位置について。

  「マウスは、キーボードに置いた片手を
  そのまま横方向へ平行に移動した位置に
  置きます。手を横へずらせば届くので、
  無駄な動きがなくなります。」

次にモニターの位置と座り方。

  「視野を広くとれるようにモニターとは
  40cm程度距離をとります。モニターの高さ
  は目線よりやや低くし、首や肩に負担が
  かからない位置に。椅子はやや浅めに
  腰をかけ姿勢を正します。肘掛けの高さが
  調整できる椅子だとなおよいです。」

そしてディスプレイの明るさ調整。

  「パソコンを使っていて“目が疲れるな”
  と感じたときには、ディスプレイが
  明るすぎ、または暗すぎて目に負担を
  かけている可能性があります。
  これを防ぐには、周りの明るさに合わせて
  ディスプレイの明るさを調整します。」

これらの環境設定の技術は、決して初めて
聞くようなことではありません。

しかし、意外と見落とされていて、
知らず知らずのうちに、負担がかかった状態
のまま仕事をしている人もいるはずです。

それ以外でも本書では、覚えると便利な
ショートカットキーなども多数紹介されて
いますから、実用的なパソコン操作の本
になっていると思います。

ただ、全体を通して見ると、期待したほど、
他のパソコン操作本との違いは見られない
印象でした。

  第1章 まずはこれだけ。
     どこでも使える万能ワザ
  第2章 全部はかどる。
     仕事に集中できる環境設定術
  第3章 もう迷わない。
     ムダなく探せる情報収集術
  第4章 これで快適。
     ストレスゼロの文字入力術
  第5章 もう疲れない。
     今日から時短できるExcel術
  第6章 最短で仕上げる。
     伝わるプレゼン資料作成術
  第7章 ラクになる。
     自由自在のファイル操作術
  第8章 これで万全。
     仕事が進むメールさばき術

この本から何を活かすか?

プレゼンファイルは「PDF」で保存する。

本書では、プレゼンをする場所に、
自分のパソコンが持ち込めない事態も
想定してします。

そのため、プレゼント用のファイルは
「PDF形式」で保存しておくことが
推奨されていました。

借りたPCでも、パワーポイントが
入っていない可能性は低いと思います。

しかし、インストールされている
パワポのバージョンが違っていることは
あるかもしれません。

確かに、PDFならWindowsでもMacでも、
iPadでもAndroidでも、大丈夫ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3460-a885a5ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT