活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

2019年01月30日
問題解決・ロジカルシンキング・思考法 0

すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

満足度★★★★
付箋数:25

あなたは、ビジネス書を読んで学んだ内容を
仕事で活かせていますか?

いい本を読んだときは感動して、
学んだことを取り入れようと思うものです。

しかし、内容が抽象的であればあるほど、
直後は感動が残っていても、それは時間と
共に、記憶から消えていきます。

そして、仕事に活かせているケースは
あまり多くないかもしれません。

なぜ、私たちは、せっかく学んだ内容を
すぐに忘れてしまうのでしょうか?

本書の著者、浅田すぐるさんは、その理由を
3つ挙げ、解決方法を示しています。

1つ目の理由は、「学び」が「学び」になって
いないから。

これは、その場で欲求を満たすだけで、
「学び」ではなく、「消費」として、
次から次へ流されてしまっているからです。

これを解決するには、「目的を明確化」する
必要があります。

2つ目の理由は、咀嚼しながら学んでいないから。

著者が言っていることを鵜呑みにして、
自分の言葉として、落し込めていないのです。

この問題を解決するためには、「思考整理」を
しながら学ぶ必要があります。

3つ目の理由は、学んだ内容を短く要約
していないから。

これは単純に、長すぎる内容は、
なかなか覚えていられないということです。

この問題の解決策は、「端的な要約」が
考えられます。

これら3つの解決策を同時に実現するのが、
本書で紹介される「紙1枚学習法」です。

  「 “学び” をもっと、 “仕事に活かせる” 
  ようになりたい

  この1行については、いずれの読者の方で
  あっても賛同してくれるはずです。
  本書は、この目的達成のために必要な
   “目からウロコの考え方” と “超現実的な学習” 
  を紹介していきます。」

具体的には、枠を埋めていくことで、
どんな内容でも、「20文字に要約」する
フレームワークが紹介されています。

本書では、これを「20字インプット学習法」
と呼びます。

本を読む場合だと、次の手順で作業します。

  1. 学びの「目的」を記入する
  2. 気になったキーワードを抜き出す
  3. キーワードをグルーピングする
  4. 最後に20字の一言でまとめる

ところで、なぜ、「20字」でまとめる必要が
あるのでしょうか?

それは制約があればあるほど、人は考え抜く
ことができ、かつ、本質はシンプルなので、
20字あれば、伝えたい内容は表現できるから。

浅田さんは、この手法をかつて勤めていた、
トヨタで学んだそうです。

本書では、学んだ内容を忘れないようにする
インプット力を高めるだけでなく、
アウトプット力を高めるフレームと、
仕事に活かすフレームも用意されています。

それぞれ、次の名前がついています。

  「3Qアウトプット学習法」
  「1枚コントリビューション学習法」

3つの学習法は、いずれも1枚の紙に書かれた
枠を埋めていくことで、自然と学べるような
フレームワークになっています。

3つあわせて「1シート・ラーニング・システム」
と浅田さんは呼びます。

  「なぜ “学習法” = “メソッド”で はなく、
   “システム” としたのか?
  その理由は、本書の順番通りに内容を理解・
  実践していけば、自然と、無理なく、
  仕事に活かせる学習の本質までたどり着けて
  しまうからです。」

紹介されているフレームをそのまま使うか
どうかは別にして、なかなか理にかなった
方法だと思います。

まずは、3つのシートをそのまま使って、
学ぶパターンをしっかり身につけてから、
自分流にアレンジするのがいいと思います。

この本から何を活かすか?

「わかる」とは、どういう状態なのか?

本書では、次の「3つの疑問」が解決した
状態だと説明されています。

  「なにを:What?」
  「なぜ:Whyt?」
  「どうやって:How?」

この2W1Hに、自動的に答えるのが、
「3Qアウトプット学習法」のシートです。

このフレームも使ってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません