活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

トップスピード・マーケティング

3時間で1052万円稼ぐ! トップスピード・マーケティング【CD付】
3時間で1052万円稼ぐ! トップスピード・マーケティング【CD付】
(2008/05/22)
山口友紀雄 商品詳細を見る

満足度★★

私は本書をAmazonでチェックせず、リアル書店で購入しました。

読後、恐る恐るAmazonのレビューを見ると、
予想通りボロクソに書かれていました。(2008年9月時点)

あまり悪く書かれていると、「まあ、そこまでひどくないけどな~」と
逆に擁護の感情が湧いてしまうのが人情なのかもしれません。

さて、本書はスクールやセミナーを入り口に集客し、
バックエンドで儲けましょうとうお話しです。

例えば、「パン屋さん」をやりたい人でも、
最初は元手のかからない「パン教室」からスタートし、
教室に参加した人に、商品を売ったり、別のセミナーに
誘導して利益を積み上げていくということです。

この手法自体は、リスクを少なくするという点では、
悪くはないと思いますが、
やり過ぎると、悪徳商法やどこかの新興宗教のように
なってしまうので注意が必要ですね。

恐らく、Amazonのレビューで本書に批判が集まっているのは、

  ・「3時間で1052万円稼ぐ」などの煽りがイヤ
  ・著者の山口友紀雄さんが、平秀信さんの弟子なので胡散臭い
  ・もう、こういう商法に飽きあきしている

などの理由からでしょう。

個人的には、こういう批判レビューを削除しないだけ、
まだマシのような気がします。

私は本書について、上記の点に特に嫌悪感を持っていませんが、
「いったい、何がトップスピード(マーケティング)なのか?」という
中身の説明が十分でないことが残念でした。

ちなみに、本書には音声CDが付属していますが、
私は聞いていません。

この本から何を活かすか?

本書と、Amazonのレビューを見る限り、
「煽る」ことを中心に置いたマーケティング手法は、
かなり嫌悪感を抱かれていることが分かります。

どうせなら、煽って煽って、笑えるくらい徹底的に煽りまくる。

「煽り芸」の域まで極めてくれれば、
それはそれで、読んでいて楽しいような気がしますが・・・

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/345-32f0436d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT