活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉


グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

満足度★★★
付箋数:20

キャラクター紹介のページで「黒井マヤ」と
「代官山脩介」について簡単な説明があります。

その後は、黒井マヤのドSな100の言葉が、
並んでいるので、このシリーズを知らない方が
読むと、若干、面食らうかもしれません。

本書は、原作が50万部超のベストセラーに
なった七尾与史さんの『ドS刑事』の
主人公「黒井マヤ」の言葉をまとめた本。

ご存知のない方のために簡単に原作について、
説明しておきましょう。

『ドS刑事シリーズ』は、2018年1月現在まで、
5作品が刊行されています。

 『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
 『ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件
 『ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件
 『ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件
 『ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件

主人公の黒井マヤは、警視庁捜査一課
殺人犯捜査第三係に所属する女刑事。

警察の道を選んだのは、正義のためではなく、
単に殺人現場が好きだから。

警察幹部の父を持ち、ドS気質があるため、
警視庁ではやりたい放題の傍若無人ぶりを
発揮しています。

しかし、並外れた洞察力があるため、
あっという間に事件の真相を見抜いてしまう。

色白で黒髪、警視庁随一の美貌を誇る25歳。

マヤの指名でコンビを組む代官山脩介は、
同じ三係所属の刑事で、階級は巡査。

彼の使命は、マヤの推理を推理すること。

なぜなら、マヤは事件の真相を見抜いても
決して口にしないから。

やりたい放題のマヤに振り回されながらも、
おだてたり、なだめすかしたりして
ヒントを引き出し、難事件を解決します。

身長180cmのイケメン刑事、33歳。

テレビドラマは、日本テレビ系列の土曜ドラマ
枠で、2015年4月~6月まで放送されました。

主演のマヤ役は多部未華子さん、代官山役は
大倉忠義さんが演じていました。

本書は右ページに、大きめのフォントで、
マヤのドSなセリフが書かれています。

  「初対面の印象なんて、見た目が100%よ。
  あなたのように中身がない人でも、
  どうにかなるんだから。」

  「 “こんな仕事をするために入社したんじゃ
  ないんです” 。ぷぷっ。そのひと言で、
  バカを晒したわね。」

  「あなた、道端の石ころみたい。
  無為に日々を過ごしてきた分、取り柄が
  ないからね。少しずつでも毎日磨いていたら
  誰かが拾ってくれるかもしれないのに。」

  「人の迷惑になるのがイヤだなんて、
  バッカじゃないの。みんな、ただそこに
  いるだけで誰かの迷惑になっているの。
  どうせなら、もっと堂々としてなさいよ。」

左ページには、通常のフォントでマヤの
語りで、その言葉の真意が書かれています。

設定は、刑事ではなく、会社員(?)に
なっていますから、仕事、人生に悩んだ時に
読むと、良いカンフル剤になるでしょう。

マヤの言葉は、大きく6章に分類されてます。

  第1章 人としての「基本」くらい
     身につけなさい
  第2章 そんな程度なのに本気で「仕事」に
     取り組んでるって言うの?
  第3章 うまく「休み」をとれたら一人前ね
  第4章 何かしたいことがあるなら今すぐ
     「挑戦」しなさい
  第5章 一瞬がんばるより、「習慣的」に
     がんばりなさい
  第6章 まだ「コミュニケーション」が
     最強のスキルって気づいてないの?

ミニ小説「泣く子と地頭には勝てぬ殺人事件」
が合間に挿入されているので、読み物と
しての楽しみもあります。

イラストは小説と同じワカマツカオリさんが
担当しています。

この本から何を活かすか?

黒井マヤのセリフを人気声優・田村ゆかりさんが
演じた音声が、期間限定でQダウンロードできます。

DL期間は2018年12月4日から2019年11月30日まで。
外出先で本が手元になくても、田村ゆかりさんの
声を聞いてやる気を出せるとか。

https://twitter.com/i/status/1070153798453084162

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3448-006ada73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT