活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

帝国対民主国家の最終戦争が始まる [三橋貴明の地政経済学]

満足度★★★★
付箋数:25

本書の冒頭で三橋貴明さんは、現在の日本は、
誇張なく「史上最悪の危機」の最中にある
と説いています。

それは、「一帯一路」や「中国製造2025」
などの中国のグローバリズムに対して、
日本人の多くは危機感を抱いていないから。

世界各国では対中警戒態勢を取っていて、
中国の国家戦略に反発しているのに対し、
日本だけがのん気な状態です。

日本で中国について語られるのは、
「カネになるか、否か」という観点のみで、
日本の安全保障を脅かす中国の脅威に
関しては、ほとんど論じられていません。

なぜ、日本だけが危機感を抱かないのか?

  「理由は、我が国が大東亜戦争敗北後、
  横軸のナショナリズム(経世済民)と
  縦軸のナショナリズム(歴史)の双方を、
  人為的に破壊されてきたためだ。(中略)
  日本国の亡国を回避するためには、
  まずは横軸のナショナリズムを取り戻す
  必要がある。すなわち、歴史を知るのだ。」

最近、ナショナリズムという言葉を聞くと、
トランプ大統領の行き過ぎたナショナリズム
をイメージしてしまいがちです。

しかし、国家が国家であるためには、
正しいナショナリズムを持つ必要があります。

本書は歴史から、国の成り立ちを紐解き、
健全なナショナリズムを取り戻すための本です。

最初に本書では、2つの軸で日本と他国との
違いを明らかにします。

1つ目の軸は、ユーラシア・ステップの
遊牧民の影響を受けたか否か。

もう1つの軸は、封建制度を経験したか否か。

この2軸マトリックで分類すると、
日本だけが、封建制度の経験があり、
かつ、遊牧民から受けた影響が少ない
象限に配置されます。

日本人だけが「外国人のメイド」を
持つことに違和感を覚えるのはそのため。

階級制度を持たず、外国人を奴隷として
管理してきた経験が少ないので、
根本のところで欧米諸国の価値観には
同意できないところがあるようです。

  「牧羊業の影響で、人間という “迷える子羊” 
  の管理者として “神” を規定する文明と、
  八百万の神の文明とでは、基盤からして
  完全に異なっている。
  さらには、人間には管理できない魚介類
  からタンパク質を摂り、生きてきたのが
  日本人だ。
  家畜を管理し、去勢し、自分たちの目的の
  ために “動かす” ことなしでは生存が
  不可能だった人々とは、文明の性質から
  して異なって当然だ。」

個人的には、本書の第1章で語られる
「遊牧民と封建社会」の切り口から
日本と他国を比較するのは新鮮でした。

第2章以降は、タイトルにもなっている
帝国主義と民主国家の対立の構図について
論を進めていきます。

あなたは、日本の皇位継承問題について
どう思いますか?

「天皇? まあ、何でもいいんじゃない」

このように考えている日本人が
多くなるったとき、本当の意味での
日本崩壊が訪れると三橋さんは言います。

縦軸と横軸のナショナリズムが共に
消滅してしまっては、中国共産党の属国に
なってしまうからです。

  「経済とは横軸のナショナリズムの話であり、
  歴史は縦軸のナショナリズムの基盤だ。
  経済と歴史。日本国民は、中国共産党の
  脅威をはねのけるために、早急に経済と
  歴史に関する “正しい知識” を身につけ
  なければならない。」

ちょっと偏った見方は散見されますが、
非常に興味深い本でした。

やはり、三橋さんはテレビなどに出演
するよりも、文章で論理的に語る方が
イイと改めて感じました。

この本から何を活かすか?

日本人は、タンパク質を動物からではなく、
魚介類から摂る比重が高かったために、
他国とは異なる文明を築いてきたと言います。

そのため、お腹を壊す原因も他国と違います。

日本人は「海苔」をたくさん食べても、
お腹を壊しませんが、「牛乳」を飲むとお腹が
張る人が多いようです。

一方、他国では逆で、「海苔」を食べると
お腹を壊し、「牛乳」を飲んでもお腹が
張らない人が多いそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3442-cb4db04e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT