活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポーツチーム経営の教科書

満足度★★★
付箋数:20

学研プラスさんより献本いただきました。
ありがとうございます。

スポーツ業界では、パワハラや助成金の
不正流用など、様々な不祥事が起こり
悪い意味で話題になることがあります。

なぜ、スポーツマンシップに則るべき業界で、
このような不祥事が発生するのでしょうか?

それは、スポーツがビジネスとして、
指導する側や経営する側に旨味があるから。

特に、チームスポーツになると、
入ってくるお金も出ていくお金も、
その規模は大きくなります。

そのお金の流れを、適切にスポーツチームを
経営できない人材が握ってしまうと、
様々な不祥事を起こしてしまうのです。

現在、日本のスポーツ業界は大きな変革期を
迎えようとしています。

2019年のラグビーワールドカップ、
2020年の東京オリンピックなどのメガイベント
が予定されていますから、スポーツ業界には、
より大きな利権が発生します。

これからのスポーツビジネスを健全に
盛り上げていくには、チームを適切に
運営・経営できる人材が必要です。

しかし、現状ではスポーツで一定の成果を
上げた選手が、引退後に経営に関する知識を
持たずに、チーム運営に携わっていることが
多く見受けられます。

それでは、選手を育てることはできても、
スポーツをビジネスとして発展させることは
できません。

そこでスポーツチームの正しい経営方法を
教えるのが本書です。

本書では、今のスポーツ経営に必要な、
「ガバナンス」、「コンプライアンス」、
「アカウンタビリティー」の3つの要素を
中心に解説します。

なぜ、この3つの要素がスポーツチームには、
必要なのでしょうか?

それは、あずさ監査法人が、これまでに多くの
スポーツチームを監査、コンサルティングを
行ってきた結果、特に不足している要素として
浮かび上がってきた項目だからです。

この3要素が不足していると、そのチームは
不祥事が発生するリスクを抱えたまま、
運営されていることになるのです。

まず、ガバナンスがないと、スポーツチームは
チームはオーナーだけの持ち物になってしまう
可能性があります。

資金の流用など公私混同の不祥事が起こるのが、
ガバナンスが不足している典型です。

ガバナンスは、組織を規律させるための
仕組みであり、チーム内外からのチェックが
正しく働いていることが必要です。

次にコンプライアンスですが、法令遵守に加え、
常識を含めたルールを守ることが、スポーツ
チームでは求められます。

これを徹底するとチーム経営だけでなく、
選手個人が不祥事を起こすことを防止する
ことになります。

暴力や薬物乱用、八百長や賭博、ドーピングや
飲酒運転など、スポーツ選手の周りには、
気をつけるべきことがたくさんあるのです。

そして、最後のアカウンタビリティーは、
説明責任と訳される言葉です。

スポーツチームには、直接的に資金援助や
備品やサービスの提供をしてくれる多くの
ステークホルダーが存在します。

これらの関係者にチームの活動報告を行い、
信用を得ることは、今後も引き続き支援を
してもらうためには必要なことです。

チーム状況を透明性のある数字で
説明できるようになれば、関係者の信頼も
得やすくなります。

本書では、ある大学のスポーツマネジメント
研究室に通う2人の学生の会話を糸口に、
3要素の強化方法をわかりやすく解説します。

本書のチーム経営の概念が正しく理解され、
浸透すると、こんなに不祥事は起こることがなく、
日本のスポーツは健全に発展していくだろうと
感じました。

この本から何を活かすか?

本書では、スポーツチーム経営の3要素を
取り入れるためのツールも巻末資料として
掲載されています。

 1. 現状把握:簡易現状診断チェックシート
 2. 目標設定:目標設定チャート
 3. 文書化:業務方針書・標準業務フロー

実際にスポーツチームの経営を改善するには、
1→2→3の順で使っていくことが必要です。

解説だけでなく、実際に使える雛形やサンプルが
掲載されているのは有り難いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3430-f84bd8c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT