活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

苦手な女(ヒト)のトリセツ

2018年12月12日
心に効く本 0
満足度★★★
付箋数:18

こう言っては大変失礼ですが、
読んでみると、意外と実用的な本でした。

  「見栄を捨てきれない女子、 “私は勝ち組だ”
  と暗に自慢してくる女子、嫉妬で心がおかしく
  なりそうな女子、人を攻撃することで
  自分を保つ女子・・・そんな女子たちから
  傷つけられ、心が擦り切れそうになったり、
  普通に生活するのが困難なほど悩み苦しむ
  女子たち。

  この本では、実際に私や周囲の知人・友人が
  巻き込まれた女子の人間関係のトラブルや、
  もやもやの具体例から解決策までを
  50個厳選し、まとめました。」

男性の目から見ると、女性の人間関係は
複雑そうに見えます。

しかし、それは女性自身にとっても、
同じように複雑に感じているようです。

本書は、女性のための「人間関係の悩み」を
解決するための本です。

著者の下村さきさんは、恋愛デトックス
カウンセラーです。

心理学などを学んだ専門家ではありません。

下村さんは、会社員として10社以上で働き、
独立した後、ライター兼恋愛カウンセラー
になった方です。

ですから、どこかの論文を引用していたり、
心理学の理論上はこうなるということが
書かれているわけではありません。

あくまで下村さん自身が、女性の人間関係に
巻き込まれ、苦しみ、対応した実経験と、
カウンセリングで得た多くの知見を元に
書かれています。

  「対人トラブルに必要以上に心を悩ませる
  女子、悩まない女子の違いはどこにあるのか。
  この本では、恋愛デトックスカウンセリングを
  していく中で見えてきた、悩みの消し去り方
  をお教えします。
  戦わずに上手に彼女たちをやり過ごす、
  いわば『不戦勝』の方法を知っていれば、
  苦手な女(ヒト)からどれだけ攻撃を
  受けようとも、静かに自分の生き方を貫く
  ことができるのです。」

例えば職場で、ミスをしたことを人前で
過剰に責め立てられたとき。

実は、ミスを過剰に責め立てる人は、
自分の教え方が悪いと周囲から非難される
ことを怖がっている人たちです。

自分の教え方が悪いのではなく、
この後輩が仕事ができないだけだと、
周囲にアナウンスしたいのです。

運悪く、そんな上司や先輩に当たって
しまった場合、どうすればいいのか?

その場を収めようと思って、何度も
「申し訳ございません」を繰り返して、
謝ってはいけません。

実は、その対応方法は逆効果。

何度も謝っていると、思惑通りに、
周囲に本当に仕事がデキない人という
イメージが刷り込まれてしまいます。

本書では、次のようにアドバイスします。

  「人前で注意されたときには、
  1回だけ “2度目はないようにします”
  とだけ謝って、何度も同じミスをしている
  わけではないことをアピールしましょう。」

そして、本当に同じミスしないように、
人一倍努力して、さっさと一人前になる。

本書では、このような真っ当な助言が
書かれているので、悩める女性にとっては、
冷静に対処できるようになると思います。

男性にとっては、女性の複雑な心理が
わかる本として読むことができます。

この本から何を活かすか?

私が本書でいいなと思ったのが、
あまり感情的な部分に引っ張られずに、
戦わずにやり過ごす方法を中心に
アドバイスしている点です。

戦わずして勝つのは、「孫子の兵法」
の極意そのもの。

  「百戦百勝、非善之善者也。
  不戦而屈人之兵、善之善者也。」

百戦百勝は善の善なる者に非ず。
戦わずして人の兵を屈するは、
善の善なる者なり。

これは人間関係にも応用できるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません