活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

大前研一 デジタルシフト革命 ―アマゾン、グーグルも実践「ゼロからイチ」を生み出す「11」の発想法

満足度★★★
付箋数:18

  「日本人は、欧米のものをもってきて
  改善したり、TQCで生産性を少し上げて
  1を1.1や1.2にするのは得意だが、その一方で、
  無から有を生み出すことをあまり行って
  こなかったために、 “ゼロからイチ” 
  という発想がなかなかできない。
  しかし、これからはどの産業でも、
  間違いなく “ゼロからイチ” が重要に
  なってくる。」

大前研一さんは、以前から「ゼロからイチ」
を生む発想の重要性を説いてきました。

過去に出した「ゼロからイチ」関連の本
では『「0から1」の発想術』があります。

また、本書と近い時期に刊行されている
発想力: 「0から1」を生み出す15の方法
もあります。

今までの延長線上にある「カイゼン」
ではなく、何もなかったところから
イノベーションを起こす「ゼロからイチ」
が21世に成功する鍵となる。

では、どうしたら「ゼロからイチ」の
発想ができるようになるのか?

本書で大前さんは、過去のコンサルタント
経験から、11の発想法を紹介しています。

 1. SDF/戦略的自由度
  Strategic Degrees of Freedom
 2. アービトラージ
  Arbitrage
 3. ニューコンビネーション
  New Combination
 4. 固定費に対する貢献
  Contribution to the fixed cost
 5. デジタル大陸時代の発想
  Digital Continent
 6. 早送りの発想
  Fast-Forward
 7. 空いているものを有効利用する発想
  Idle Economy
 8. 中間地点の発想
  Interpolation
 9. RTOCS/他人の立場に立つ発想
  Real Time Online Case Study
 10. すべてが意味することは何?
  What does this all mean ?
 11. 構想
  Kousou

いずれも大前さんが、これまで大切だと
言い続けてきた概念なので、他の本で見た
ことのある方も多いでしょう。

本書は、大前さんを含む3名の方が、
「ATAMIせかいえ」で「ゼロからイチ」に
関する講演を行った内容をまとめたもの。

ちなみに、ATAMIせかいえは、熱海にある
全室オーシャンビューの温泉旅館です。

大前さんが手がけた極上リゾートなので、
ビジネスセミナーがよく開催されています。

本書は、2016年8月27日と8月28日の2日間に
開催された、企業のトップと参謀を対象の
エグゼクティブ研修を収録しています。

ビジネス・ブレークスルーとプレジデント社が
共同主催し、年4回、シリーズで開催している
セミナーです。

本書には、大前さん以外では、次のお二人
の講演内容が収録さています。

 「ゼロイチ」の起こし方
 林要さん(GROOVE X株式会社 CEO)

 高速イノベーションのススメ
 道脇裕さん(株式会社NejiLaw 代表取締役社長)

個人的には、大前さんの講演内容より、
このお二人の講演内容の方が新鮮で、
魅力的に感じました。

本書は、セミナーを書き起こした本で、
かつ、正味100ページの薄さなので、
意気込まずに、さらっと読むことができます。

この本から何を活かすか?

私が本書で興味を持ったのは、道脇さんです。

道脇さんは、絶対に緩まないネジ「L/Rネジ」
を考案したイノベーター。

緩まないネジの発明も画期的ですが、
道脇さん経歴がまた、ユニークです。

まず、10歳のとき、学校教育に疑問を抱き、
小学校を勝手に退学します。

それ以降、まともに学校には通っていません。

にもかかわらず、「素数」や「0」にまつわる
数学史上の根源的問題を解決するなど、
数学分野でも金字塔を打ち立てたそうです。

そして、幼少期から現在までの発明は、
2万件以上もあるそうです。

まさに、日本の現代のエジソンですね。

日本の学校教育を受けなかったから、
独自の発想ができるようになったのか。

もっと道脇さんの話を聞きたくなりました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3418-aca86ed6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT