活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険

満足度★★★
付箋数:23

  「 “これ、いったい何の本なの?” 店頭で
  ぱらぱらめくっている人は、本書の中身の
  得体の知れなさを見てそう思うはずだ。」

本書の監訳者、山形浩生さんはこのような
解説の言葉を書いています。

私が本書を書店で見つけたときの、
第一印象がまさにこの通りでした。

こんな世界があるのかと得体の知れなさに、
吸い寄せられる感じがしました。

最近の電子機器はかなり高度になっていて、
完成品を購入して、メーカーの指示通りに
使うのが当たり前になっています。

しかし、「分解するな」と言われると、
逆に分解したり、改造したくなる人がいます。

場合によっては、部品を買って自らの手で、
新しいものを生み出す人もいます。

このようにハードウェアの常識を覆して
しまう人たちは、「ハードウェアハッカー」
と呼ばれます。

本書の著者、アンドリュー “バニー” ファンさん
は、世界的に有名なハードウェアハッキングの
第一人者です。

マイクロソフト社のXboxを分解して解説した
Hacking the Xbox』で有名な方です。

本書は、バニーさんが道先案内する、
新しいモノをつくる破壊と創造の冒険の旅。

  「中国に行くまでは、最新のエレクトロニクス、
  ジャンク品、部品がほしいなら、東京の
  秋葉原に行くしかないと思っていた。
  でも、2007年の1月に深センのSEG Electronics
  Market(賽格電子市場)を訪れたとき、
  その考えはまちがっていたことを知った。」

本書は、バニーさんの深センのSEGとの
出会いから始まります。

私も深センの話は聞いていましたが、
秋葉原の時代ではなくなっているのですね。

あらゆる部品は格安で手に入るし、
試作品の製造を小ロットで発注しても、
スピーディーかつ安価で作れる。

深センは、モノづくりをする人に
とっては魅力的な街なのだと思います。

バニーさんは、MITでは「深センの男」と
呼ばれているそうです。

本書では、深センでのビジネスの仕組みや、
知財の考え方、ニセモノ製品の裏側などを
解説します。

  「中国では知的財産の扱いがかなり違う。
  自分のオリジナル作品を作るために、
  買ってきた電話を使ってもいいし、
  実際にみんなそうしている。
  僕が中国で経験した2つの経験は、
  知的財産の扱い方が1つじゃないという
  ことを教えてくれた。」

私たち日本人は、中国のトンデモナイ
模倣品は許せないと考える人が多いでしょう。

しかし、キャラクター製品はさて置き、
電子機器に関しては、模倣品を作り出す
エコシステムがイノベーションを生むことに
つながっています。

それが中国経済が躍進してきた一因でも
あるようです。

本書では、著作権に違反せずにプロテクトを
外す方法や、わずか12ドルで携帯電話を作る
方法なども解説します。

知的財産を守ることも大切ですが、
守ることばかりに気を取られていると、
世の中のスピードについて行けなくなる。

日本からイノベーションが生まれない
と言われるのも、正論過ぎるからなのかも
しれません。

正直、電子部品の解説や詳しい改造方法を
読んでもよくわからない部分はありますが、
本書から、その凄さは伝わってきました。

この本から何を活かすか?

  「ハッキングするときのいちばん大きな
  心理的な障害は、 “ハックすることでそれを
  壊してしまうかも” という恐怖だ。
  でも、オムレツを作るには卵を割る必要が
  ある。同じように、システムをハックする
  ときには、デバイスを犠牲にする覚悟が
  必要だ。」

本書では、具体的な電子機器のハック方法が
写真付きで解説されています。

家電製品を分解した経験のある人なら、
本書を手引書として、チャレンジしてみる
価値はあるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3413-57a508b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT