活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

もういちど、本屋へようこそ

満足度★★★
付箋数:19

「若者の活字離れ」というキーワードを
聞くことがあります。

この言葉が使われ始めたのは、1977年頃だと
言われています。

それ以来40年間ずっと、一度も戻ることなく、
「若者の活字離れ」は進んでいます。

40年前に若者だった方々が、活字から離れた
ままだと、既に60歳前後になっているので、
活字離れは、社会全体の傾向と言えます。

一方、最近ではスマホの普及により、
音声ではなく、Lineなどで会話しているので、
以前より「文字」は使っているはずです。

本書の著者、田口幹人さんは、この活字離れ
の状況を次のように見ています。

  「 “活字離れ” の背景には、新聞の発行部数や
  本の販売額の減少があるのでしょう。
  新聞社や本屋や出版社など、業界の業績不振が
   “活字離れ” と言われる原因になっていると
  考えることができます。」

公共図書館や学校図書館の整備や
学校での朝の読書運動が推進されています。

これにより、小学生から高校生までの
読書量は、1980年から現在まで減っておらず、
ほぼ横ばいで推移しているようです。

つまり、「活字離れ」=「本屋離れ」を
意味しているのではないかと、
田口さんは認識しています。

本書は、「読書」と「本屋」の関わり方を
見つめ直して、もう一度本屋へ足を運んで
もらうことを考察した本です。

田口さんはじめ、全国の書店員の方にも
寄稿してもらい、本に対する熱き想いと、
本屋の面白さを伝えています。

まとめ役の田口さんは、岩手県にある
さわや書店の方で、2015年に『まちの本屋
を書いています。

まちの書店に関して言えば、この10年間で、
3400店以上の本屋が閉店しているようです。

つまり、1日1店、日本のどこかで本屋が
姿を消していることになります。

そして、地域に本屋が1店舗もない
「書店空白地」が全国で増えている。

Amazonを始めとした、ネットで本が買える
便利な時代になった反面、リアル書店が
減っているのは非常に寂しい状況ですね。

私も自分のことを振り返ってみると、
ずいぶん、本屋へ通う回数が減りました。

子どもの頃は、家の向かいが小さな書店
だったので、週に5日は通っていました。

それが社会人になった頃には、
週1回しか本屋に通わなくなり、
今では2週に1回まで減ってしまいました。

雑誌はコンビニで買うこともできますし、
本屋で見てネットで買うショールーミングが
進行したことも、書店に行く回数が減った
一因です。

しかし、本書を読んで、まちの本屋の様々な
取り組みを知って、もう一度本屋へ行こうと
思い直すところがありました。

本屋の可能性を、あらためて実感しました。

ただ、大きな産業構造の変化でもあるので、
個々の書店の努力だけで解決するのは、
自ずと限界があります。

コンサルタントでも入れて、業界全体の
改善を考えてもいいように思います。

大前研一さんに業界のコンサルティングを
依頼してもいいのではないでしょうか。

  第1章 「本屋」って、何だろう?
  第2章 書店だけが「本屋」じゃない。
     本と読者を繋ぐ人々
  第3章 あのまち、このまちでも・・・・
     本屋はワイワイやってます
  第4章 本屋が考える「読書」と
     「本との出会い」の楽しみ
  第5章 「これまでの本屋」と「これからの本屋」

この本から何を活かすか?

ジャーナリストの石橋毅史さんが、
本書に寄稿した文では、「良い本屋」の
3つの条件が挙げられていました。

  1. 品揃えへのこだわり
  2. 地域を活かし、地域に生かされる姿勢
  3. ラディカルな精神

3つ目に挙げられている「ラディカル」には、
「先鋭的」と「根源的」の2つの意味があります。

個人的には、刺激が多くても先鋭的過ぎると、
いつも行きたいとは思わないので、
居心地のいい根源的な本屋が好きです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3403-c87394bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT