活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

日本史で学ぶ経済学

2018年11月13日
経済・行動経済学 0
満足度★★★★
付箋数:24

ここ数年、ビットコインなどの暗号通貨が
大きな話題になっています。

暗号通貨は、不正を防止するために、
高度な暗号技術が用いられた仮想通貨。

そこには、貨幣の未来の姿があります。

では、その貨幣の未来を読み解くには、
どのようにすればいいのか?

  「暗号通貨の仕組みは、現代の貨幣と
  異なります。ただし、現代と異なると
  いうことなら、過去の貨幣の仕組みも
  同様に現代と異なります。
  そして過去の貨幣の中には、暗号通貨の
  仕組みと共通点を持つものがあります。
  現代と異なる仕組みが現れつつある時代は、
  過去の出来事から多くのことを学ぶ
  チャンスに満ちています。」

実は、貨幣の「過去」を読み解くと、
貨幣の「未来」を知るためのヒントが
隠されていることがわかります。

具体的には、暗号通貨の特徴を学ぶには、
歴史上の3つのトピックに注目します。

・鎌倉、室町時代の貨幣経済

 なぜ、鎌倉、室町時代に中国銭が
 流通したのか?

 貨幣には、交換手段として誰もが
 受け取ってくれる性質があります。

 これを貨幣の一般受容性と言います。

 交換手段としての側面から、暗号通貨との
 共通点を探ります。

・徳川時代の両替商ビジネス

 徳川時代には、貨幣で決済することを
 約束として、遠隔地どうしの取引相手と
 決済できる工夫が生み出されました。

 貨幣の決済完了性という、決済手段としての
 性質から暗号通貨を学びます。

・国際金本位制

 複数の国々の通貨が共通の価値基準で
 裏打ちされると何が起こるのか?

 国際金本位制とは、金という貴金属が
 国境を超えて各々の通貨の価値を
 裏打ちする仕組みのこと。

 国際金本位制の歴史から、暗号通貨が
 教訓とすべきことを考えます。

本書では、一見、無関係そうに思える
歴史上の出来事が、実が現在の経済の仕組みに
密接につながっていることを示します。

経済学を学ぶ上で、過去の歴史上には、
考えるためのヒントが多く含まれているのです。

  「現状を改善するにせよ、時代の流れに
  対応するにせよ、結果としてどうなるかは
  不確実です。しかし、歴史の知恵や失敗を
  参考材料とすることは、不確実な要素を
  減らし、準備を整えやすくすることに
  つながります。歴史は “取引のあり方や
  値段の決まり方を切り口として、
  人間がどのような行動をとるのか” を
  探るヒントの宝庫なのです。」

本書は、経済の基礎知識から、
最新のトピックまでを「日本史」から学ぶ本。

著者は、名古屋市立大学大学院経済学研究科
准教授の横山和輝さんです。

物事を学ぶ際に、多角的に捉えると、
その本質が見えてくるようになります。

本書はまさに、それを実践している本。

意外な驚きがあり、教養を身につけるとは、
こういうことなのかと実感できます。

本書のような学び方をしていると、
本質的に似ているかどうかを見極めますから、
抽象化する力も鍛えられると思います。

個人的には、いつもとは違う角度で
経済学を知ることになり、新鮮でした。

できればシリーズとして、続編が刊行
されることを期待したい本です。

  第1章 貨幣の経済学
  第2章 インセンティブの経済学
  第3章 株式会社の経済学
  第4章 銀行危機の経済学
  第5章 取引コストの経済学
  第6章 プラットフォームの経済学
  第7章 教育の経済学

この本から何を活かすか?

プラットフォームを押さえることは、
現在のビジネスで成功する鍵と言えます。

しかし、プラットフォーム・ビジネスは
古くて新しい仕組みです。

現代のプラットフォーム・ビジネスは、
戦国時代に原型ができたと考えると、
歴史的なロマンさえ感じられます。

本書では「楽市楽座」の歴史から、
契約内容を履行させる強制力の重要性
(エンフォースメント)を学びます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません