活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

筋肉は本当にすごい すべての動物に共通する驚きのメカニズム

満足度★★★
付箋数:24

筋トレが最強のソリューションである』が
ベストセラーになるなど、巷では筋トレが
ちょっとしたブームです。

芸能人でも筋トレしてい人が結構いますね。

ところで、鍛え方はさておき、そもそも
私たちの筋肉はどのようなメカニズムで
動いているのでしょうか?

筋肉は常にはたらき続け、私たちの生命を
維持しています。

例えば、心臓を動かすのは「心筋」です。

心筋は生きている限り、一瞬たりとも
休むことなく、生涯はたらき続けます。

また、私たちの身体を動かすことを可能に
するのが「骨格筋」です。

骨格筋は、骨格に腱を介して付着していて、
収縮することで関節を動かし、身体運動を
おこします。

骨格筋は身体を動かさず休んでいる
ときでも、絶えずエネルギーを消費して
熱を発生することで、私たちの体温を
維持しています。

人間は恒温動物ですから、この骨格筋の
働きがないと体温が維持できずに、
死んでしまうのです。

本書は、筋収縮のしくみを真っ向から
取り上げて解説する本です。

著者は、過去にもブルーバックスで
筋肉はふしぎ』を執筆している
帝京大学名誉教授の杉晴夫さんです。

  「本書では、発見から100年以上
  研究者を翻弄してきた骨格筋横紋構造の
  謎の解明史に始まり、大部分のこの部分
  に存在する数々の謎にたいするその後の
  研究者の挑戦を、筆者自身の寄与も
  含めて記述することができた。」

専門的な記述もある本格派の本です。

筋肉はATP(アデノシン三リン酸)を
燃料とする超微小のエンジン構造を
持ちます。

そのエンジンによって筋肉は、
天然のリニアモーターのように動きます。

これはヒュー・ハクスレーさんらの
研究により、解明された筋肉の動きです。

ミオシンフィラメントから突き出た
ミオシンの頭部こそが、
筋肉リニアモーターを駆動する
超微小エンジンの正体なのです。

平均寿命がどんどん伸びている現在、
今まで以上に筋肉の働きが注目される
機会が多くなるでしょう。

単に筋肉の鍛え方を知るだけでなく、
生命現象としての筋肉の働きを
知ることで、筋トレも違った趣に
なるかもしれません。

本書は人間だけでなく、すべての動物に
共通する筋肉のメカニズムを3部構成で
解説するブルーバックスらしい良書です。

ちょっと難しい記述もありましたが、
非常に興味深い本でした。

  第1部 大自然がデザインした筋肉は
     いかにすごいか
  第2部 われわれの筋肉、その驚異
  第3部 さまざまな動物の筋肉の驚異

この本から何を活かすか?

  「生活習慣病の最終段階は、
  動脈硬化→心筋梗塞・脳卒中による死亡、
  である。しかしこの生活習慣病の原因は
  運動不足、栄養の摂りすぎにあるので、
  日常生活に身体の運動を取り入れれば
  これらをある程度は予防することが
  できる。」

本書で勧められているのは、
毎日20〜30分の散歩やジョギング。

いわゆる有酸素運動で、筋肉の発達
だけでなく心肺機能の増大にも有効です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3394-5e7afb09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT